BLOG

外壁リノベーションの考え方

2021年11月29日  WRITER 山田 健斗

こんにちは

今回は私の頭の中のイメージを皆様に共有出来たらと思っております。

外壁リノベーションと聞いて何が思い浮かびますでしょうか。

 

塗装屋さんによるペンキ塗り?

金属製の外壁材を上から貼る?

外壁を剥がして新しい外壁を貼る?

どちらも外壁のリフォームという点で間違ってはいないです。

見た目が一新されて新築のように見えたりもしますよね。

私は仕事柄?職業病?なのか、道行くお家の外壁を見てしまいます。

すると、このお家は増築を繰り返しているな~とか思ったり

金属製の外壁材でリフォームされているな~などと気づいたりするわけです。

 

せっかくなら、

「このお家、リフォームしたな~」と思われるのではなく

「このお家おしゃれだな~、あれ?リノベーションされた物件?!」

と思っていただける方がいいと思ってます。

 

前置きが長くなりましたが、

ヤマダタッケンの得意とするリノベーションの一つに

【塗り壁】【デザインコンクリート】を用いたリノベーションがあります。

これらはあまり有名ではないかもしれませんが、

塗り壁やデザインコンクリートで外壁をリノベーションすることで、

元の雰囲気からイメージをガラッと変えて、とてもおしゃれになります。

目地が無くなりとてもすっきりしました。

タイルの凹凸も塗り壁で6mmまで相殺可能です。

 

デザインコンクリート×塗り壁の施工をすることによって

まるで100年前から建っているレンガ造の建物を再現することも可能です。

 

さらには、板金の外壁の貴方のお家にもEPSという建築用の発泡スチロールを用いることで

塗り壁にもデザインコンクリートにも変化させることができます。

 

もし、「自分のお家でもリノベーションできるのだろうか?」とか「もうそろそろリノベーションした方がいい?」

などのようにご不明な点がございましたら、なんでもお聞きいただければと思います。

今回は外壁ってペンキで塗る方法だけだと思っていた方々にも知っていただきたい内容となっております。

 

外壁リノベーションに関しての情報はこちら!

ヤマダタッケンは外壁リノベ専門店の加盟店です。

 

KENTO

WRITER
山田 健斗営業チームリノベーション
リノベーション営業の山田です。
アメリカでの留学経験があり、アメリカの雰囲気に惚れてから日本に帰ってきました。笑
趣味はバーベキューや釣り、バイク乗りなど様々です!
お家作りに活かせることを日々研究中です。よろしくお願いいたします!
WRITER
山田 健斗代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。