BLOG

ワンポイントのこだわり~デザイン編~

2022年03月04日  WRITER 山田 健斗

みなさまはワンポイントのこだわりはありますか。

たとえば

料理の包丁は作る料理によって分ける

とか

歩き出すときは左足から

とか

サウナは12分入ってから水風呂に浸かる

とか

いろいろ人によってのこだわりのポイントがありますね。

実はこれらに関しては、全部私のことなんですけどね・・・^^;

 

さて、ヤマダタッケンはといいますと

お家づくりの際の、ワンポイントこだわりが数多くあります。

いまからその中の一つを共有させていただきますね。

 

~そのまえに~

ヤマダタッケンは、「デザイン」をとても大事にしております。

なぜデザインが大事なのか?

かっこいいから?かわいいから?楽しいから?

実はすべて正解です。

物を選ぶときに、性能で選ばれることも、見た目で選ばれることもあります。

10年、20年、30年経ったときに、

当時の最新鋭の性能が現在の標準になっていたりしますが、

流行りすたりのないクラシカルなデザインは人気のままです。

お家は不動産として残ります。

そうなったときに、「デザイン」がいいものほど、「資産価値」は上がります。

そういった意味でも我々はデザインを大事にしているというお話でした。

 

ワンポイントのこだわりというのは、

ひと手間を加えることで新しいものでも古くから存在しているようなデザインを作り出します。

今回は進行中の買取再販物件に関しての内容です。

通常仕上げで使用される塗り壁材ですが、今回は下塗りで使用しております。

塗り壁を用いることで、アンティークな模様を付けることができます。

仕上げで70年代不動産オリジナルのHipのペンキを使用するので、

他の現場で少しずつ余ったヒッキーウォールの塗り壁を使用してテクスチャーを付けました。

途中で色が変わっても使用している材料は同じです!

もっと古びた感じを出したいという思いから、増し増しで模様を付けました^^

既存のクロスの模様がなかなかにダイナミックでしたので、それに合わせて模様も付けてます!

全部HIPで塗装した様子です。

上の緑色は「アボカド」

下の茶色は「エコロジー」

を使用しております。

主寝室を想定してリノベーションしておりますが、

なかなかゴージャスな感じに仕上がりそうです。

ツルっとした壁も格好いいですが、あえてのアンティークも格好いいです。

完成内覧会は4月の2週目を予定しておりますので、ぜひぜひダイナミックを体感しにいらしてください。

Kento

WRITER
山田 健斗営業チームリノベーション
リノベーション営業の山田です。
アメリカでの留学経験があり、アメリカの雰囲気に惚れてから日本に帰ってきました。笑
趣味はバーベキューや釣り、バイク乗りなど様々です!
お家作りに活かせることを日々研究中です。よろしくお願いいたします!
WRITER
山田 健斗代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。