COLUMN

材木屋さんの倉庫改装から

WRITER 澤野 恵


Cottageというだけに、木部の存在は外せません。


と言っても、限られた資源と価格の兼ね合いにていろいろな樹種を使う場面も。


床はアンティークフィニッシュにオーク単板を使用したフロア材。


室内ドアはアルダーと言って少し柔らかめの節の大きい木板です。


構造材の見せ梁は米松。


リビングドアはチークのヴィンテージ建具。


キッチンキャビネットは綺麗なオーク。
室内装飾に貼った板もオークの皮つきスライス。


玄関框はトラフと言って、虎の皮模様の様な板を框に使わせてもらいました。


これは、市内の製材屋さんから譲っていただいた材料です。


木はいろいろな表情があり面白い。




前のページ   次のページ