アイコン
BLOG

街並みリノベーション

2024年06月19日  WRITER 澤野 恵


新潟県の秘境地と言われる銀山平。
真冬には6mも雪が積もるので、そこへ行くトンネルも閉鎖されてしまうような場所。
ダムがあるのですが、とても神秘的でした。



今回は、その近くにある尾瀬と言う温泉宿がポツポツある中にまとまった10棟のログホームの村へ行ってきました。
家族経営で温泉と貸別荘としてログホームを展開していた主人が高齢になり、南魚沼で宿を営んでいるオーナーに継承したという事です。




ログは手入れが大切なのは私達も良く理解しています。
雪深いところなので3メートル近くある高基礎はバスルームとしてリノベーションされていました。
一棟貸しの宿として、ヴィンテージの家具やモダンなキッチンで今どきのスタイルで心地よい空間になっていました。



建物の手入れも大変ですが、野原に建つログホームなので植栽の手入れもとても大変だったと思います。
話の中では、雪が深く半年ほどしか作業する事ができずリノベーションするのに4年の歳月がかかったそうです。




ここでの料理は全て山で採れた食材。
地産地消でのローカルガストロノミー。
日本には四季があり、温泉があり、山や川のロケーションがある場所が沢山あります。
能登もそうですが、上手に運用しないと勿体ない不動産を地元の方達にとっていい形で提案できる不動産・建築会社・投資家が必要な時代だと改めて思いました。 sawano