Structure & Material
構造と仕上げ

地盤・基礎

地盤調査
地盤調査
まずは地盤調査。最新のスウェーデン式サウンディング試験で、お家を支える地盤の強度を調べます。ご希望により表面波探査法もご対応させていただきます。
ベタ基礎構造
ベタ基礎構造
見えないところから、しっかり造る建物の強さを発揮するため、基礎にもこだわります。
基礎全面から立ち上がり部まで配筋を施したベタ基礎を標準としています。土台を支える外周部立ち上がり幅を150mmとし、通常より強い剛性と高耐久性を実現しました。
また、基礎と土台の間にパッキンを挟み空間を設けることで床下換気や湿気対策も万全ですので土台の腐食も防ぎシロアリからも家を守ることが出来ます。

耐震・構造

在来工法でも通常よりも強度を高めた耐震性能にしておりますが、お客様のご要望に合わせ耐震性・耐火性・断熱気密性・省エネ性に優れた工法のご提案を行っております。
※プランによっては異なる場合があります。

2×4工法
2×4工法
北米の木造工法。 使用される木材の断面サイズが主に2インチ×4インチの構造材を用いていることから、ツーバイフォーと呼ばれています。耐震性・耐火性・断熱気密性・省エネ性に優れています。
在来軸組工法
在来軸組工法
柱・梁・筋交いに木の軸を組む日本古来の工法。耐震構造を考慮したコア構造は、横架材や耐力壁をバランスよく配置し、建物の重量が均等に分散し、台風や地震に強い家が造られます。
プレウォール工法
プレウォール工法
断熱性と気密性を優れているためとても省エネ住宅が実現できる工法。在来工法と2×4工法の優れた利点を取り入れた工法で、耐震性にも優れています。
窓

耐震・構造

石川県で定めれている断熱性能等級の最高値4を標準仕様としています。
お客様のご要望に合わせて断熱気密性をさらに高めるご提案を行っております。

ヤマダタッケンはZEH【強化外皮基準】に対応しています。
ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナスゼロにする住宅を指します。

窓

高い断熱性能で、夏涼しく、冬暖かい、高性能樹脂窓を標準仕様
熱伝導率がアルミの1/1000以下のPVC製フレームに複層ガラスを組み込んだ高い断熱性能を持つ窓です。アルミサッシに比べ約4倍の断熱性能で夏は涼しく、冬は暖か。冷暖房費を大幅に節約できます。カビやダニの発生原因にもなる冬場の嫌な結露の発生を軽減し、快適で健康的な暮らしをサポートします。
また、塩害にも強く劣化しにくいためメンテナンスが楽なのも魅力のひとつです。
窓の表面に金属コーティングを施している為、屋外から屋内が見えにくい加工を施している為防犯の役割も高めます。また金属コーティングの効果により室内への紫外線もカットできる役割があります。

木

コンピュータ制御のプレカットマシンによって、構造材をあらかじめ工場でカットし、様々な形状の仕口を高精度に加工する技術を採用した高精度のプレカット木材を使用。
建物を支える高精度の構造材は、しっかりとした家を建てることができ、また工期短縮や人件費節減などの付加価値も高いことなどから、木造住宅を建てるのに最適な工法として広く受け入れられています。

窓

保証とアフターメンテナンス

ヤマダタッケンはお客様のお家が完成し、お引渡しが完了した時点から本当のお付き合いが始まると考えております。お引き渡しからの定期点検サービスは、3ヵ月、6ヵ月、1年、3年、5年、9年。
この他にも、ヤマダタッケンにはお客様満足課というアフターメンテナンスの専門部署がございますので、定期点検以外でも何か不都合や気になることがございましたら点検させて頂きます。
新築住宅の検査と保証
(JIO日本住宅保証検査機構)
1.地盤調査
2.4回の建物検査
3.検査報告書
4.10年の瑕疵保証サポート

仕上げ

仕上げ

塗り壁

塗りにこだわって外壁の仕上げに世界トップシェアの外壁塗り壁材ブランド「Sto工法」(スト工法)を採用しています。
Sto(スト)は約180年前の1835年ドイツにて創立。外壁材の中でスタッコ材の草分け的存在。現在ではアメリカを中心に40余りの工場が稼働し、以来ヨーロッパをはじめアメリカやアジア諸国などの50カ国以上で使用されている世界のトップブランドです。職人さんの手で1棟1棟手塗りで仕上げていく塗り壁は、あたたかみがありオンリーワンのデザインが表現できます。特徴は汚れがつきにくい撥水効果。また、ひび割れもしにくい塗り壁です。
Sto
塗り壁として申し分ないものを使用していますが、そもそもなぜサイディングではなく、塗り壁なのか?その理由はコスト面にもあります。サイディングの中にはメンテナンスフリーといったように20年30年とメーカー保証が付いたものもありますし、Stoと同じように汚れがつきにくい優れたものもありますが、サイディング同士の継ぎ目の部分、ここにお金がかかるんです。
ここにはコーキングという充填材を打ちます。これは、平均7年に1回のペースで打ち変えをしないといけません。それにその際は足場を組む必要もあります。なので足場代もかかります。大体50万円ほど。塗り壁ならメンテナンスコストを抑えることができるのです。

Wall内装壁

内装塗り壁
内装塗り壁
炭酸カルシウムを主原料とし、様々なミネラルを配合して作られた天然素材の塗り壁材。ビニールクロスにはない天然の風合いは、ナチュラルなお部屋の演出にはかかせません。
英国製塗料ファロー&ボールによるペイント
英国製塗料ファロー&ボールによるペイント
昨今の住宅の屋内の壁は、白ばかり。欧米の住宅では、アクセントカラー、部屋毎に雰囲気を変えて楽しむペイントが人気。イギリス生まれのファロー&ボールで大胆にカラーを楽しみましょう。イギリス王室でも使われている最高級塗料です。
壁面ウッドパネル貼り
壁面ウッドパネル貼り
板貼りは壁面のアクセントにお薦めします。綺麗に貼り並べてもカッコいいけど厚みを変えたり敢えたり、いろいろな板のサイズを使ってもお洒落ですよ。
腰壁とモール
腰壁とモール
海外のクラシカルな住宅に見られる腰壁とモールをあしらった装飾。
デザインコンクリート ブリック調
デザインコンクリート ブリック調
ブルックリンテイストには欠かせないブリック壁仕上げ。これはモルタル造形技術デザインコンクリートによるもの。木や塗り壁では表現できない重厚さも魅力です。
デザインコンクリート モルタル仕上げ
デザインコンクリート モルタル仕上げ
インダストリアルや無機質な空間に仕上げにはかかせない仕上げ。クールな空間演出が可能です。

Floor

無垢 パイン(松)
無垢 パイン(松)
温もりある無垢の木は、年が経つにつれ味わいがまして美しくなります。また、新しい木材を古く魅せるエイジング加工や何十年もの歴史が刻まれた柱や梁の古材を用いたりと懐かしさを感じる新築住宅も人気です。
無垢 オーク
無垢 オーク
古くからヨーロッパやアメリカでは、家具や床板、ウイスキー樽などにも使われており、馴染みのある木材です。土足でも使用できるほど堅く重厚感があり耐久性にとても優れた木材です。
ヘリンボーン張り
ヘリンボーン張り
室内の中で大きな面積を締める床はインテリアを引き立てる大事な要素。同じフローリングでも貼り方を変えると表情が変わります。ヘリンボーン貼りはクラシカルで上品な空間に仕上がります。
デザインコンクリート 天然石調
デザインコンクリート 天然石調
玄関ポーチや玄関の床はデザインコンクリートによる天然石調の仕上げがおすすめです。世界にひとつだけのオリジナルを作ることができます。
タイル張り
タイル張り
玄関やキッチンの床など水に濡れる箇所にタイル張りの仕上げが可能です。タイル張りはお部屋のアクセントとなるとともに機能性にも優れています。

Works
ヤマダタッケンの施工例をご紹介します。

RECOMMENDED !
こちらのブランドもオススメ