BLOG

D.I.Y.熱を感じる2日間!

2016年05月15日  WRITER 南出 綾子

どうもミナミデでっす!
この2日間、弊社主催のイベントD.I.Y DEPOにご参加頂いた皆様、
ご来場誠にありがとうございました!!!

そして私たちと一緒に出店して頂いた皆様、設営から撤収までお手伝い頂いた協力業者の皆さま
本当に感謝でいっぱいです!ありがとうございました!!

 

aya-160515-06

 

産業展示館2号館を使ってヤマダタッケン最大のイベントとなり
開催まで半年もない位の期間でしたが、
大盛況に終えることが出来、本当に充実した2日間となりました!

 

2日間の総来場はなんと7000名!
当初の予想をはるかに上回る人数で、バタバタとする場面もありましたが
たくさんの方の笑顔を見ることが出来、私たちもたくさんの元気を頂きました。

 

 

aya-160515-02

『久しぶりー!!』
となかなか会えずにいたOBさまのお顔も拝見でき、
お子様が誕生したよ~という嬉しいご報告やお孫さんを連れているお客様も♪
またお庭を少しリニューアルしたいな~という相談もあったりと
お家が出来てからも楽しんでいる様子が伺えてうれしかったです^^

 

aya-160515-04

どのWORKSHOPも順番待ち!!

 

aya-160515-03

ウッドデッキづくり体験!!これでお家でも作れますね^^

 

特に体験ブースは大盛況で、朝一で予約が埋まるイベントもあり
皆さん自分で作る“DIY”に関心が高いんだな~ということがよくわかりました。

 

aya-160515-01

趣味のゾーンも賑わっていましたよー!

aya-160515-08

 

EVENTの模様は各出展者さんのFacebookやBlogでも掲載していますので
皆さんcheckしてみてくださいねー!
気になるの出展社さんはこちらのページよりチェックしてくださいね~

DIY DEPO詳細ページ

 

私たちヤマダタッケンは住宅会社ですが、“暮らしを楽しむ”を大切に家づくりを行ってきました。

お客様が自分らしい暮らしを実現することを、住まいを通じてご提案させて頂いております。

 

お家だけではなく、すでにお住まいをお持ちの方にはリフォームのご提案や

お家をお持ちの方には家具や雑貨、照明器具の販売、そして外構のご相談も行っており

衣食住の“住”に関わる事をトータルでご提案させて頂いております。

cafeも経営していますので、“食”も入りますね^^

 

何よりも今回のイベントで感じたのは、皆さんと楽しい時間を共有すること、

それを実現出来る力を持っていることがヤマダタッケンの強みだなと私は感じました。

 

ご来場頂いたお客様、そして一緒に出店頂いた皆さんと熱い2日間を共有することができ

感謝の気持ちでいっぱいです!

 

今回のイベントで皆さんから頂いた声を今後の私たちの活動に活かしていくことと

また皆さんと楽しい時間を共有できるようなものを企画出来ればなと思っております^^

 

何か住まいの事で気になることがあれば、こうやってつながりが出来ましたので

私たちにお気軽にお声がけくださいね!

今後ともどうぞヤマダタッケンをよろしくお願い致します!!

aya-160515-05

ヤマダタッケンスタッフ一同より

 

WRITER
南出 綾子営業チーム サブリーダーセールス
営業の南出です!家具・雑貨好きをきっかけに家づくりに携わる仕事につきたい!と入社したのがきっかけでした。お客様との家づくりをMy homeを建てる思いでお手伝いさせて頂いております!話し好きですので、家づくり以外の話題も大歓迎です。一生に何度とない家づくりですので、その作る過程も一緒に楽しんで最高のhomeづくりを行いましょう!趣味でもある写真をブログに載せておりますので、そちらも是非ご覧下さい。
WRITER
南出 綾子代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。