BLOG

インプットとアウトプット

2019年03月11日  WRITER 西田 勇吉

どーも、両木です。

本日の午前中、ヤマダタッケンとカントリーベースとで勉強会を行いました。

本日の勉強会の内容はというと、双方先日いってきた海外研修のアイデアやデザインを共有するというモノです。

まずはカントリーベースのロサンゼルス、ラスベガスの研修レポート。

写真 2019-03-11 10 24 38 建物の色使いやウォールアートなど、至る所に散りばめられている遊び心にみんな興味深々。また我々の武器として度々使わせて頂いているデザインコンクリートの活用法などはとても勉強になりました。

次はヤマダタッケンのフランスレポート。

写真 2019-03-11 11 09 32

我々の特徴でもあるフレンチカントリースタイルの本場を学ばせて頂きました。

また、アメリカよりも歴史のあるフランスでは700年前の建物も未だに現存して活用されているとの事!

凄いですよね!!

日本と同じ木造の住宅ですよ!

そう考えると日本の住宅の寿命は短すぎますよね?

もう少し付け加えると、寿命が短いのではなく我々が住宅の寿命は短いと誤認してしまっているという事です。

リノベをしていて毎度ながら思うのですが、手を加えればまだまだ使える建物はたくさんあるんですよ!

その手の加え方も普通に修繕補修するのではなく、今回の研修で得た内容を皆様にご提案できれば、他にはないもっと面白いリノベができるなと感じました!

海外で得た知識をグループ会社内で共有する事はとても大切な事です。

そして今回得た知識を、お互いのフィールドでお客様にアウトプットする事はもっと大切な事だなと実感しました。

残念ながら詳しいデザインの写真などは企業秘密なのでお店する事ができないのですが、近々我々はみなさんに面白い提案をすると思いますので、楽しみにしていてくださいね^^

また、今回の勉強会の最後に嬉しいような寂しいような発表がありました。

それはカントリーベースのスタッフ、高階さんが3月で寿退社するという事です。

いつもニコニコ礼儀正しくてしっかり者の高階さん。今まで本当にありがとうございました&お疲れ様でした。

近い将来、ビジネスパートナーとして再会しそうな気がするのでその時まで元気でね☆

そして幸せな家庭を築いて下さい^^

写真 2019-03-11 13 09 00

 

~今月の釣り情報~

勝手に連載します(笑)

海の中はもう春です。富山の春の風物詩、ホタルイカが既にポツポツと接岸してきております。

私はそのホタルイカを食べにくるクロダイやメバルを狙うのです!

こんな感じのホタルイカに似せたルアーで釣るんですよ★

写真 2019-02-27 20 14 07

そして見事、40㎝弱のクロダイが釣れました^^

写真 2019-02-26 21 37 16

今回はこの子を塩釜にして美味しく頂きました★

写真 2019-03-01 11 06 09

遊び心で塩に魚の絵を描いてみました(笑)

写真 2019-02-27 20 07 28

木槌で叩いてパッカ~ン♪

写真 2019-02-27 20 24 20

ホクホクで程よい塩加減。アクセントにシソの葉を乗せれば更にヨシ!

これぞ釣り人の醍醐味★

日本海、富山湾の豊かな自然に感謝です。

皆さんも暮らし楽しんでますか?

それでは。

 

RYOKI

WRITER
西田 勇吉リノベーションチーム設計
以前はヤマダタッケンの営業をしておりました。今は設計として皆さんにプランのご提案をさせて頂いております。設計課では体を動かす機会が減ったので、趣味であるフットサルやマラソンなどを続けて体型を維持できるように気を付けています。いろいろなことに挑戦していろいろなジャンルの楽しい暮らしをご提案できるようになりたいと思います。オススメがあれば挑戦していきたいと思いますのでぜひ声をかけて下さい。
WRITER
西田 勇吉代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。