BLOG

南フランスのカラー

2020年02月13日  WRITER 南出 綾子

どうもミナミデです!
1月の後半に私もフランス研修へ行かせて頂きました^^
去年に続き2度目のフランス。
今回の旅先は南フランスのプロバンス&コートダジュール地方です。

 

金沢よりも気候的には暖かく、乾燥している印象でした。
3日目に訪れた街を少しご紹介させて頂きますね。

 

リュベロン地方にあるルールマランとメネルブという2つの町に行ってきました。
マルセイユから、のどかな田園風景を車で走ること1時間。

 

道中、高い山というものがほとんどなくて、こんな感じの岩山がぽつぽつとある感じです。
街もこんな感じで↓↓ 丘の上に向かってお家が立ち並ぶようなところが多かったですね。

 

曇り空だったのが悔しい…

ルールマランではギリギリ朝市にも立ち寄ることが出来ました^^
すでにミモザが満開で市場でもこんもり売られていました!

 

 


みんなで街並みを散策中。

 

フランスの田舎町の建物を見て一番感じたことは、『カラー』の使い方です。
恐らくその土地で採掘された石を積んだ建って物で、仕上げの塗り壁もほぼ石と同色を使っていたり、
また雨戸はブルー系、グリーン系、グレー系が圧倒的に多いです。

これらに共通しているのが『自然にある色』なんですよね。山並みに見える石の色や、冬の空の色や春に芽吹くグリーンの色。
いわゆるアースカラーでコーディネートされているので、自然の風景を見て感じる心地よさを
同じように街並みを見て感じるんですよね。

 

きっと何十年、何百年も前から同じように建ち並ぶ家々は
これから先もずっここの心地よさをまとっているんだろうな~と思うと
色選びってとても重要だなと思いました。

 

 

 

おまけ

どの国でも猫はかわいい。。だいぶにらまれておりますが(汗)

また次回フランス写真アップしますね!

 

minamide

WRITER
南出 綾子新築チームセールス
営業の南出です!家具・雑貨好きをきっかけに家づくりに携わる仕事につきたい!と入社したのがきっかけでした。お客様との家づくりをMy homeを建てる思いでお手伝いさせて頂いております!話し好きですので、家づくり以外の話題も大歓迎です。一生に何度とない家づくりですので、その作る過程も一緒に楽しんで最高のhomeづくりを行いましょう!趣味でもある写真をブログに載せておりますので、そちらも是非ご覧下さい。
WRITER
南出 綾子代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。