BLOG

海外の可愛い Kid’s Room の作り方 ≪ 研修レポート No.6 ≫

2020年10月18日  WRITER 小野 真歩

 

 

 

 

 

皆様こんにちは!営業の小野です。

 

 

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

10月に入り、朝晩はだいぶ冷え込むようになりましたね。

 

私事ですが、そろそろ冬用の羽毛布団を買いに行かないと💦っと焦っております。。。

 

 

 

 

 

はいッ!

 

 

そんな今日は研修レポートです!

 

新米の私が経験した事や得た知識をシェアすることで、お客様が家を建てる際に実際に行う行事や、

家が建つのには何が必要なのか、

家が建つ過程などを知っていただけるいい機会だと思ました。

 

ではでは早速、私が学んだ事を皆様とどんどんシェアしていきます!!

 

 

 

 

 

梅雨の時期6月に着工してからほぼ毎日見学をさしてもらっている現在建設中のMaman。

完成も間近になり、着々と内装も仕上がってきました。

 

 

そしてMamanのプランの標準仕様でございます、ペンキ仕上げのお部屋

 

海外の家といえばペイント塗装!!!

海外ドラマやインスタグラマーの家を見るとどこもかしこもペンキ仕上げ!

 

 

自分でお家をカスタマイズするので、自然とペンキ塗装が多くなるんですね。

 

 

 

さてはて、

 

ペンキ仕上げの壁はどうやってできるのか、工程をシェアしていきます!!

 

 

 

では、早速、、、

 

石膏ボード(壁の下地)の間の隙間をパテで凹凸が無くなるように埋めていきます。

 

 

 

そしてその上からクロスを貼って、下地は完成。

 

 

 

そして今回は一工夫ある仕上げということで、まず上半分をペンキで塗り~

 

 

 

 

下半分をマスキングテープを使いペンキをきれいに塗ったら完成です!

 

塗り分けの工夫一つで他にないスペシャルな一部屋に!

 

 

 

壁に色味を入れるのは勇気がいるかもしれませんが

 

このように淡い色合いだと、ベッドや勉強机とケンカすることなく

マッチングしていきます

 

または壁色に合わせて子供部屋をコディネートしても良いかもですね!!

 

 

 

 

金沢市四十万にあるモデルホームにもペイント仕上げの可愛い KID’s Room ございます!

 

+++Champetre Home & Garden+++

 

外観にも内装にもこだわった ”可愛いお家” Ayu-m Maman

 

ぜひ実際に見てみてください!

 

 

 

また、内覧会は3密を避けるため完全予約制でございます。

 

ご予約はこちらから!

 

また、電話もしくはメールからでもご予約可能です。

 

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

☆おまけ☆

 

もう一つのペンキのお部屋!  対になっていて可愛い(^▽^)/

今回ご紹介したお家の内覧会が10月24日(土) 25日(日)にございます☆

内覧会詳細はこちらから確認できますのでぜひチェックしてください☆

 

 

 

 

ONO

 

 

 

 

WRITER
小野 真歩新築チームセールス アシスタント
大阪からやってきました営業の小野です。
留学やワーキングホリデービザでヨーロッパとオーストラリアで暮していました。
文化や人が好きで行った各国で生活していくうちにインテリアやお家の作りに興味を持つようになりました。
外国のお家で暮して感じたこと、日本とは違う良い所を皆様とお話ししながらお伝え出来たらなと思います。
これから「日々勉強、日々精進」をモットーに頑張ります!!
プライベートな私事ですが石川 life も精一杯楽しみます!
WRITER
小野 真歩代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。