BLOG

自宅に海外の景色があるって本当?!

2022年05月02日  WRITER 山田 健斗

ゴールデンウィークに入って温かくなってきましたね。

寒いことがとても苦手なので、春→夏にかけてはとても好きです。

 

あ、どうも中古物件探しが趣味のKentoです。

最近はリノベーションをご検討されているお客様に合う物件を探して見に行ったりすることが増えてきました。

なかなかどんぴしゃりとくる物件には出会えませんが、それぞれに良さ(悪さ)があったりします。

アクセスが良く、学校からも近いし公園もすぐそばにある。(けど薄暗い雰囲気)

とても長閑な場所で、小鳥のさえずりが聞こえたり、お庭で畑作業ができたり、景色がよかったり(けど急斜面を上がらないといけない)。

などなど。。。

 

私は数年ほど前にアメリカの長閑な場所に1年間留学しておりました。

お家時間の中でもお庭で過ごす時間はとても多かったので、お庭でゆっくりできるような物件に出会えると海外の暮らしを思い出させてくれて少しノスタルジックな気持ちになります。

 

 

このブログを読んでいただいている方の中には、海外の風景や暮らしが大好きな方もいらっしゃるかと思います。

ヤマダタッケンは海外を感じられるHOMEづくりを得意としておりますので、そのご希望に沿うことができるかと思います。

 

その中でも、今回はデザインコンクリートのご紹介をさせていただきます。

Storyとしまして

・新築フリープランをご建築中のお施主様

・インナーガレージ(ビルトインガレージ)の中にお気に入りのバイクや車を停める

・ニューヨークのブルックリンの町であったり、廃墟感のあるレンガ積み建築物が好き

・そんな空間でバイクを見ながら、のんびりお酒でも飲みたい

といったご要望でしたので、

デザインコンクリートの技術を用いて、古い古いレンガ積みを作ることとなりました。

株式会社カントリーベースで勤めていた経験もあり、私が作業させていただきました。

下地を構造用合板を貼り合わせて作成してもらいます。

※デザインコンクリートは新築住宅でもリノベーション住宅でも作成可能です。

コンクリート下地のひび割れ防止、合板とコンクリートとを一体化させるために

ブラックペーパーとラスで下地作成します。

コンクリート下地として、デザコンベースを塗り付けて強固な下地を作成します。

こちらの上に塗り付けをしていく造形用モルタル(デザコンウォール)がしっかりとくっつくように表面を荒らします。

塗り付け中です。

久しぶりの運動は大変でした。(笑)

塗り付けが終わり、レンガの形を掘っていきます。

造形が完了です。

モルタルが完全乾燥後、着色をして完成となります

完成です。

お家の完成は5月中旬以降なので、完成が待ち遠しいです^^

内覧会も開かれますので、是非見にいらしてください。

このように自宅に海外の景色を取り入れたい!という方は、お力になりますのでお問合せくださいね。

Kento

WRITER
山田 健斗営業チームリノベーション
リノベーション営業の山田です。
アメリカでの留学経験があり、アメリカの雰囲気に惚れてから日本に帰ってきました。笑
趣味はバーベキューや釣り、バイク乗りなど様々です!
お家作りに活かせることを日々研究中です。よろしくお願いいたします!
WRITER
山田 健斗代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。