COLUMN

心豊かな暮らしを求めて北欧へ

2019年06月20日  WRITER 澤野 恵


いつもありがとうございます。
ホームページがリニューアルされ、水曜日のダイアリーとしてヤマダタッケンの家に住む私自身の暮らし方や当社の家の考え方をお伝えさせていただきます。
少しずつですがアップしていきますので、ご覧ください。
 

2019.6.11
夏の北欧、フィンランドとノルウェーへ行っていました。
大好きなライラックやルピナスが咲きほころぶフィンランド。
初めての北欧への旅です。
 

今回は豊かな暮らしを求めてフィンランドは第二都市のタンペレに滞在しました。
初めてAirbnbも利用してみました。
住宅地の一角にある一般民家では、実際の暮らしを体験する事もできました。
フィンランドなので、サウナも家の中にありましたよ。
 

滞在した家も素敵でしたが、夏の間フィンランドの人たちは太陽光をとても大雪にしてサマーコテージに滞在するようです。
マップで探して、グリーンコミュニティのあるサマーコテージの町を見学に行ってきました。
ここから車は入れません。
みんな共同駐車場に停めて、コテージの前までは徒歩で町に入っていきます。
 

区角割された全面にはお花や野菜の畑が広がり、奥にコテージがあります。
ガーデン整備をされていたおばあちゃんにお話しを聞いてみました。
「ここでの生活は幸せですか?」結果的に英語が通じなかったようですが、おばあちゃんはゆっくりうなずきながらコテージを指さして「見てみる?」と言ったと思うのですが、家のドアを開いてくれました。
とても小さな空間ですが、お茶のセットがあってここで過ごす時間がいかにゆっくり流れているかを感じる事ができました。
ちなみに私は英語、全くしゃべれません笑

 

居るだけで、幸せを感じる事ができました。
こんな町並みを作りたいです。
 

こちらも幸せがあふれ出ているキッチンダイニング。
ノルウェーでは会長の古くからの友人Kenさんにオスロから船で移動して、半島にあるコミュニティがしっかりしている町を案内してもらいました。
 

Kenさんの友人であるデザイナーさん宅です。
 


スカンジナビアインテリアは温かみのあるウッドパネルを使っていますが、オールドカントリースタイルにはならずシンプルでモダンな仕上がりになっていました。
これからお手本にしたいデザインです。
 

北欧では多くの家や現場を見せてもらいました。
沢山の湖がある北欧。
町の公園からこんなビューが望めるのならば、毎日散歩して新鮮な空気を吸うだけで健康になれる気がします。
北欧の暮らしにご興味のある方は、ぜひお声掛けください。
沢山の写真をご覧いただいたり、体験した事はお話しますよ。 Sawano