COLUMN

ご存じですか?建売分譲の住宅ローン控除

2021年10月27日  WRITER 澤野 恵

今年も残すところあと2か月となりました。
カウントダウンが始まってきますね。
今年の冬は雪が降るのかしら?
そろそろ冬支度も必要です。
暖房を付けても温まらない古い住宅から、来年は高断熱のお家に住み替えしてみては?



住宅ローン控除の契約期限が先月9月末で終わり、少しお客様の足がゆっくりになってきました。
ウッドショックによる、建材価格高騰の危惧もあり住宅検討はもう少し先にしようと思っていらっしゃるお客様も多いと思います。


しかし、もう一つ13年間の住宅ローン控除が使える方法があります。
それは、建売分譲の購入です。
2021年11月末までの建売分譲売買契約を交わし、2022年12月末日までに入居されると最大限の控除がご利用いただけます。
国土交通省HP参照
長寿命住宅(200年住宅)税制の創設 (登録免許税・不動産取得税・固定資産税)



通常は10年間のローン控除ですが、消費税が10%に引きあがった事で3年間のプラス控除とは建物価格×2%が戻ってくるのです。
ただし、お支払いされている税金または計算式により少ない方が戻ってきます。
控除額については、お借入れの額やご収入による所得税・市民税の支払額により異なりますので詳しくは営業にお聞きください。


ヤマダタッケンは現在5棟の建売分譲を販売しています。
SALE情報はこちら


こちらは、11月末までの売買契約が可能ですのでぜひご検討ください。 sawano