WORKS

カバードポーチから眺める贅沢な空間

2021年01月11日 新築住宅Rewise(エクステリア)

EXTERIOR&GARDEN

玄関入口前のカバードポーチへのアプローチは
アメリカから直接仕入れたデザイン目地コテで仕上げています。
アメリカの歩道の様なデザインは当社では”US目地仕上げ”と名付けています。

当社オリジナルの2x4木製マンサード物置。
屋根の色は数種類から、本体カラーや枠の色はお客様のお好みに応じて調合し、
塗布することができるので、仕上がりもきっとご満足頂けます。
※大きさは2,440mmx2,440mm

アメリカンなテイストにもマッチする樹脂フェンス。
デザインやサイズのラインナップも豊富で柔軟にお客様のご希望に対応できます。
※施工事例の仕上がり高さは1,800mmです。

フェンスに囲まれた広い空間がプライバシーを守り、カバードポーチからすべて見渡せるお庭となっています。
芝の面積が広い分、水やりなども大変かと思われますが、お客様ご自身でホースに繋ぐだけの手軽な自動散水機を
ご準備されたとのことで、暑い日もらくらく快適です。

樹木はここ北陸でも生育が可能な樹種を選びつつも建物の雰囲気や
お客様のお好みに可能な限り合わせ、お植えしております。
※手前の大きな木はシュロの木です。

樹脂の真っ白なフェンスと合わせて、白砂利を敷き
花壇周りにはカルフォルニアから輸入した自然石を使用しています。
ソテツ、そしてニューサイランを植えました。

お客様のこだわり部分をしっかりと取り入れ、
建物のデザインとしっかりマッチしたゾーニングで建物をより一層引き立て
お庭で過ごす時間もとても楽しくなるよう徹底的にお手伝い致します。
※写真は樹脂製フェンスのゲート(扉)で、南京錠などで施錠ができるように取手が工夫されています。
(南京錠などの施錠部品はお客様ご準備となります)