BLOG

「かさまい保育園とミニチュアハウス。」

2015年12月21日  WRITER スタッフ

 

設計担当、中川です。

 

これ、見てくださいよ。かっわいいでしょう~?

 

大きな木の下にちょこんと建つミニチュアハウスです。

 

 

 

 

 

 

ヤマダタッケンでは前々から仲間の会社さんと一緒にカンボジア

 

で学校を寄付させていただいたりしておりました。

 

他にも何か社会に貢献できる事は?と模索をしておりまして。

 

今回、「幼稚園、保育園などにミニチュアハウスを~」と企画し、

 

かさまい保育園」さんにご賛同をいただき本日その贈呈式に

 

いってまいりました~

 

 

 

 

 

 

 

 

園長先生と当社代表澤野のテープカットに始まり、式に参加してくれた

 

年長さんに「まつぼっくりミニツリー」と「チョコレートのレイ」を

 

プレゼント~。園児たちの嬉しそうな顔がかわいかったです。

 

式の間、園児たちはじっとお話を聞いてくれて、すごいいい子たちばかり。

 

「おいおい・・うちの子らとちがってすごい礼儀正しい・・・。ゴクリ。」

 

なんて思ってたんですが、式が終わった途端、うちの子と一緒みたいになり

 

安心しました。

 

 

 

ミニチュアハウスにも色々、絵が描いてありましたが園児や先生たちで

 

描いてくれたようです。ほほえましい式で皆ニコニコしてました。

 

 

 

 

 

 

PS

 

どうでもいい話なんですが。

 

この子達と同い年の男の子と女の子(双子です)がいる僕も先日、

 

42歳となりました。42歳と言えばこの人と同い年になります。

 

 

 

 

 

サイボーグ006。

 

 

 

 

 

 

そして去年はこの人と同い年でした。

 

 

いつのまにか 年とったもんだ。

 

 

 

 

WRITER
スタッフ代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。