BLOG

雨の日も心強い大額分譲モデル

2020年07月09日  WRITER 大額分譲住宅

どうもミナミデです!
連日の豪雨で九州地方や中部地方でも多くの被害が出ております。
これ以上被害が広がらないよう願うばかりです。。

 

北陸も降水量でいうと全国でも多い地方で、傘だけは忘れちゃだめ!と教えられて育ったこともあり
ある意味、雨は身近な存在ですよね(苦笑)

ただ、近年の異常気象によりどこに住んでいても不安がよぎりますので
今自分が住んでいる地域はどのようなエリアに設定されているのかを知ることが大事です!

 

金沢市もこのようにハザードマップの設定がされており、
50年に1度の雨の場合(写真上)と
1000年に1度の雨の場合(写真下)とで河川の氾濫や浸水エリアを示したものを提示しております!

 


2日間で240㎜で想定した場合です↑

 


2日間で918㎜で想定した場合です。

 

今回の九州は1日で400㎜~600㎜というレベルの雨量ですので、1000年に1度レベルのもの相当と考えられます。
ひどいレベルで考えると黄色の0~500㎜まで浸水ということですので、床上浸水するかしないかのラインですね。。
1000年に1度といえども、それが明日くるかもしれませんし、生きているうちには起きない可能性もあります。

 

金沢市のハザードマップをご覧頂ければ、おおよそ金沢市内は浸水しないところはないのでは!?という状況ですので
その前提で建物を計画するのも1つですし、すでに住んでいる状況であれば
万が一の際の避難場所の確認や、火災保険の見直しということも考えた方がよいかもしれませんね!

おそらく100%安全な場所というものはないと思いますので
心配であればその対策を一緒に考えていきましょうね。

 

昨日もとてもひどい雨でしたので、近くの高橋川を見てきました↓

 

濁ってはいましたが、普段よりも少し水かさが多いかな?という程度で一安心。

何より、雨の時は家から出る時と変える時が大変ですよね。

その点、大額分譲住宅はカバードポーチがあるので鍵をかけるのも

荷物の運ぶ際も何かと便利です!

天気の良い日に寛ぐことはもちろんですが、雨の日にも大活躍間違いなしですね!

 

今週末は販売会を開催致します!

お天気の悪い日こそ、現地の状況をご自身の目で確認すると安心できますよ^^

ご来場お待ちしております!

 

 

minamide

 

WRITER
大額分譲住宅
金沢市大額にて建築中のアメリカン分譲住宅!なかなか見ることの出来ない建売住宅の建築中現場をご覧ください。(B棟販売中!)
WRITER
大額分譲住宅代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。