BLOG

西大桑Ayu-m Maman分譲住宅【現場レポート vol.3】お家の土台

2020年11月26日  WRITER 西大桑Ayu-m Maman分譲住宅

 

 

 

 

皆様こんにちは!営業の小野です。

 

 

 

最近やっと羽毛布団を堪能している小野です。

布団は既に購入してあったのですが、中々ほしいカバーが見つからず

やっと思い通りのモノが見つかり、温かくしてゆっくり寝れそうです( ´∀` )

 

 

 

 

 

 

 

本日は、基礎が出来上がった後の工程です!!

 

【Day 1】上下水道の設置

樹脂配管(赤:熱湯 青:冷水)を回し給水ヘッダーに繋げます。

お家が完成した際には給水ヘッダーの上部に点検口が設置されるので

万が一、水トラブルがあったときもすぐ対処できます!

 

そして下水道設置工事は、こんな風に一度土を掘り

 

 

 

排水マスを設置して完了

 

 

 

 

 

 

【Day 2】土台

基礎(コンクリート)と土台(木部)の間にパッキンを敷きます

 

パッキン:基礎と土台を分離させ通気性を高めることによって、木部の腐食やシロアリ被害を防ぐ役割を果たします

 

 

 

土台を組み立てていくときは位置番号どうりにはめ込んでいくので

見ていても気持ちがいいです!

また、土台には米ヒバ集成材を使用しております。

米ヒバ集成材米ヒバに含有しているカルバクロールの効果により、防虫・防腐に優れておることです

 

 

そうすると土台が完成しました。

(なんだかいい絵がとれました、笑)

 

 

 

 

 

【Day3】床下断熱

雨の日を避けて断熱材を入れていきます

 

 

このように引掛けがある金具を取り付け

 

 

断熱材をはめると気持ちいぐらいにぴったし!!

隙間なく断熱材がきれいに入るよう、いかに丁寧に土台を組み立てていくかも大切です。

 

 

 

 

 

 

また、今週末には≪構造見学会を行います

開催日:11月29日(日)

会場:金沢市西大桑町629-3

 

 

ヤマダタッケンではデザインにこだわったお家作りをしていますが

もちろんそれだけでは良いお家とは言えないですよね。

実際に暮らすお施主様が安心して過ごせる住まいを追求し

構造にもこだわって家づくりしているところを存分にご覧いただきたいです。

 

 

皆様のお越しをお待ちしております!是非遊びに来てください(^▽^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

今月入社しました、工事課の大島君です!

彼も西大桑分譲住宅の現場でかんばっております✨

現場でパシャリ📷

 

 

 

 

 

 

ONO

 

 

WRITER
西大桑Ayu-m Maman分譲住宅
金沢市西大桑にて建築のAyu-m Maman分譲住宅!
着工から完成まで現場の様子をこちらのブログで紹介いたします。
ぜひご覧ください。
WRITER
西大桑Ayu-m Maman分譲住宅代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。