BLOG

「花のある暮らし」

2021年06月14日  WRITER 藤村 圭子

マスクをして出かける。


人との距離を気にしたり。




行きたい時に、行きたい所へ、


会いたい人に、いつ会えるだろう。




自分だけではないって分かっているけれど


やっぱりため息が出てしまう時もありますよね。




コロナ禍、私は本当に花に癒されています。




ずっと好きだったけれど、更に好きになったかも。




自然の色味って本当に綺麗で、


小さな花が頑張って咲いている姿に励まされ、


大きな花が凛として咲く姿に勇気をもらい、


蕾だったのが午後には花を咲かせていたりして、


やっぱり生きてるんだ~なんて嬉しくなったりします。




自然のものって人の心を動かすなにかがありますよね。




お花を少し飾ってみたらなにかちょっと変わるかも。



キッチンでお庭から取ってきたお花をちょこん。
今からお料理。
頑張って!って応援してもらっている気分。



朝起きて、洗面台に置いたお花。
寝ぼけてるから、キラキラ見えて
なんだか更に可愛く見える。



お気に入りのダイニングテーブルに置いた花が
ステージで歌っているアイドルみたい。




・・・・なんて、私の頭の中が、一番お花畑!!
ってオチ(笑)




こんなお花やグリーンが似合うようにリノベーションしたお家。


高尾モデルがお嫁に行きます。


新しい家族に大事にしてもらうんだよー。







Fujimura

WRITER
藤村 圭子70年代不動産ネットワーク課
『70年代不動産ネットワーク』本部のお仕事をさせて頂いています。昔から古いモノが持つ独特の雰囲気や存在感がたまらなく好きで、1点モノにも目がないから、趣味・ストレス発散は「古着屋さん巡り」。ヴィンテージやアンティーク品が私のもとにやってくるまでにどんな出会いがあったんだろう・・・と妄想するのが大好き!古いモノを生かしたリノベーション『70年代不動産』は、そんな私にピッタリで、本当に楽しいです。
WRITER
藤村 圭子代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。