BLOG

ペイントで海外のお部屋に《Farrow&Ball》

2021年11月13日  WRITER 小野 真歩

 

 

皆様こんにちは営業の小野です!

ここ一週間は雨のお天気模様で、寒い日が続いていますね。。。

去年、北陸の冬に負けないように、と買ったコートを11月頭から着ていて、これからが既に不安になっております(⌒∇⌒;)

 

 

 

それはさておき、本日は

ヤマダタッケンで人気の、寝室や子供部屋に多く採用いただいております”ペイント仕上げ”

上質な空間を作ってくれるペイント【Farrow&Ball】のご紹介です!! 

 

 

 

 

 

そもそもビニールクロス貼りが主流な日本では壁をペンキで仕上げるのはあまり馴染みがありませんよね。。。

 

でも海外ではペンキが主流なのです!!

私も今思い返すとオーストラリアで住んでいたお家(8ヵ所)は壁・天井とすべてペイントで塗装されていました。

 

海外の方のIntagramやPinterestを見ていてもほとんどペンキ塗りです。

 

 

 

海外のお家の魅力はもしかするとペイント塗装がつくりあげているのかもしれませんね。

 

 

そして私たちもこだわったペイント塗料を使っています。

 

【Farrow&Ball】

イギリスで生まれたペイントブランド。

 

色彩へのこだわり

Farrow&Ballは、全132色。英国の歴史的建造物の修復でも多く使用されるほど、上質な色を豊富に揃えています。

カラーチャート(色見本)を眺めているだけでもワクワクしてしまいます!

 

仕上がりへのこだわり

Farrow&Ballの繊細な色を仕上げるために良質の成分と高品質な顔料を使用し、調合しています。

見る時間帯によってお部屋の表情が変わるぐらい、丁寧な仕上がりです。

 

環境に優しい水性塗料

日本の基準よりもはるかに厳しいEU基準をクリアした、最高ランクの安全性をもつFarrow&Ballペイント。

臭いもほとんどなく、赤ちゃんの横で施工しても問題がないぐらい、体に悪いものが入っていないのです。

(塗料はこのカンに入っており、空缶はインテリアやプランターとしても楽しんでいただけす!)

 

 

 

 

 

是非、Farrow&Ballで設えたお部屋を皆様にご覧いただきたいです!

 

***金沢市四十万 Champetre  モデルホーム***

ペイントが生み出す、海外のコテージをイメージし設えた寝室に

 

 

絶妙な色合いの子供部屋2室

よく見ると羊が逃げ出しています(^^)

 

 

フリースペースには遊び心を添えて牧場を豊富させる空間に!

 

 

写真では伝わらない、ペイントが作り出す上質な空間を是非ご体感くださいませ!

 

11月、12月は水曜日・祝日、18時以降にもご覧いただけます!

※予約必須

 

お仕事が平日休みの方、夜にご来場希望の方、是非この機会にご見学くださいませ!

皆様のご来場お待ちしております!!

 

ご予約はこちらから✔

 

 

 

 

☆おまけ☆

先日、四十万モデルをクリスマス仕様にデコレーションしてきました!

ブログにてご紹介いたしますので、お楽しみ😊

 

 

 

 

ONO

 

 

WRITER
小野 真歩営業チームセールス アシスタント
大阪からやってきました営業の小野です。
留学やワーキングホリデービザでヨーロッパとオーストラリアで暮していました。
文化や人が好きで行った各国で生活していくうちにインテリアやお家の作りに興味を持つようになりました。
外国のお家で暮して感じたこと、日本とは違う良い所を皆様とお話ししながらお伝え出来たらなと思います。
これから「日々勉強、日々精進」をモットーに頑張ります!!
プライベートな私事ですが石川 life も精一杯楽しみます!
WRITER
小野 真歩代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。