COLUMN

2020年03月31日  WRITER 澤野 恵


通常と異なる事が多い春となりました。
四季ある日本で暮らす私達が、一年で最も楽しみにしているお花見も自粛となり、オリンピック延期のニュースも舞い込み2020年の春は少し寂しいですね。


こんな時だからこそ、今考えるべき事が沢山浮かび上がる機会ではありませんか?
世界、日本国内、各自治体の考えや行動基準。
私は個々である私達の通常の生活も見直す事ができる良い機会だと思います。
日本はモノに溢れて、いつどこにいてもモノが変える環境だと思っていたらマスクやトイレットペーパーが購入できず、そのために労力と費用をかけた時間がただただ過ぎていきます。



ふと、昨年行った北欧での暮らしを思い出しました。
人が密集する事は少なく、どこにいても程よい人の距離感が心地よく、普段の生活では森に行って春にはベリーを秋にはキノコを採りに行き、
公園の芝生でゆっくり本を読んだり、ファームで野菜や花を栽培して町の養鶏場から新鮮な卵を買う。


気候の良い日は自然豊かな中で過ごし、冬になれば家で過ごす。
それでも、人々の幸福度が高い北欧。
生活や文化は違いますが、これだけ欧米化されている暮らしぶりなのに確たるところで規制を虐げられる日本は北欧の人たちとどこが違うんでしょうね。



穏やかに過ごせる家を取得したら、人込みや大型スーパーへ行かずとも生活できる基盤を作ってもらいたいと、お客様にお話させていただいています。
しっかりとした食事と適度な運動、ゆっくり休めるベッドがあれば、ウィルスにも打ち勝てるのでは?




せっかくの春ですから、いろいろ手を込んだ事を家の中で楽しんでみてください。
ぜひ、お庭や玄関先にお花を植えましょう。
土を触り、お花を植える事で心と身体がリラックスできます。


最後になりましたがこの春、ご卒業ご入学のお子様がいらっしゃるご家庭の皆様おめでとうございます。
穏やかなる春をお迎えになりますようお祈り申し上げます。sawano