COLUMN

引き渡し式

2020年08月26日  WRITER 澤野 恵

今月は当社にとって、会社の締め月。
一年の総決算です。
そんな中、たくさんのお引渡し式がありました。
私は、ほとんどのお客様宅が完成した暁には、引き渡し式に参加させていただいています。




そもそも『引き渡し式』とは…。
当社でご建築いただきましたお客様宅へ、引き渡し日に担当スタッフがお邪魔して簡単なセレモニーをさせていただいています。
2005年くらいから始めていますから、かれこれ15年。
累計400件以上の引き渡し式に参加していることになります。
それでも同じ引き渡し式は一つもありません。



施主様ご家族だけでなく、ご両親、祖父母のご親族が集まる事も度々。
うれしいお気持ちがあふれています。
各担当から祝辞やお礼をお伝えさせていただくと、お客様との思い出がこみあげて思わず話ができなくなるスタッフや、お客様から答辞を頂く際にいろいろな思いがこみ上げて涙でお言葉に詰まってしまうお施主様もいらっしゃり、感謝する場面が多々あります。



このように、建築会社はお客様から数千万円という建築費を頂きながら、最後には涙を流しながらうれしいお言葉をいただける仕事と、本当にありがたく感謝しています。
笑顔でお引渡しできる事がゴールではありませんが、区切りとしてご満足いただき引き渡しできるのは担当営業との出会いから、施工を安心して任せられる工務や職人さんたちのおかげだと思っています。



これからもチームヤマダタッケンは、笑顔でお引渡し式ができますよう邁進していきます。
お引渡し式にご興味ある方は、こちらをご覧ください。 
10年以上勤めてくれている設計の西田さんも、新築住宅完成!
社員の夢が叶う瞬間に立ち会えるのは、とても喜ばしい事です。 sawano