COLUMN

薪ストーブか?ペレットストーブか?

2021年11月24日  WRITER 澤野 恵


タイトルの答え、私はどちらも温かいし快適!です。
炎を見る生活、憧れますよね。
自宅にペレットストーブを採用して14年目の冬です。
冬になると炎が見えるペレットストーブを点ける事にワクワクします。



最近建てたCottageでは、念願の薪ストーブも設置しました。
如何に効率よく着火するかにハマってます笑
燃料は建築中に出た端材たち。
現場監督と大工さんにお願いして、端材を集めておいてもらいました。
今では、ゴミ箱に木片があるともったいなく感じて拾い集める場面もあったり。。。


コロナの影響もあり石油系の燃料の高騰やエネルギー源の減少。
SDGsの取り組みにも直結して、バイオマスエネルギーは以前より興味がありました。
現在のキャンプブームで、焚火も流行っていますが暖を取る事が娯楽だけでなく日常的にも反映したらいいなぁと思っています。


話は森林再生に進んでしまいますが、伐採した樹木の活用も現在問われています。
工務店である私達は、きちんと生成された材だけを使うのではなく資源としてあるものを活用したいと思っています。
これ以上の話題は長くなりますので、話を戻しますね笑



薪ストーブで、鋳物の鍋でコトコトとシチューをつくるCMに憧れてました。
雪が降ったら実現させて、窓越しの雪模様の写真を撮りたいと思います。
「薪を焚べる」というキーワード、ずっと火の前から離れなくなってあっという間に時間が経ってしまいますから要注意です。



今年から、日常的に「薪を確保する・準備する」がTODOに追加されました。
里山のご近所さんからは、見栄えよくとストックの薪をプレゼントしていただきました。
有難い~。
燃料の確保と着火の事を思うと、ワンタッチで着火するペレットストーブが勝利しそうです。
暮らしを愉しむ。今年の冬は外出しなくとも、楽しい事が満載です! sawano