COLUMN

女性が住宅ローンを組むということ

2022年02月03日  WRITER 澤野 恵


住宅ローンを組む=男性メイン
と思っていませんか?
私は15年前に自身でローンを借りて、住宅を建てました。
その際、「ご主人には保証人になってもらいます。」と言われ「何故ですか?」
と聞き返した事を今でも覚えています。


諸条件は全てクリアしています。
それを女性だという事だけで、保証人という条件を付けられた感があり納得できません。
「では、他の銀行さんで借ります。」と返答すると「お一人の債務で大丈夫です。」
と言う、結果でした。



女性が住宅ローンを借りる
女性に住宅ローンを貸す。
これらはリスクなのでしょうか?
と言うのは15年前の感情です。



今の、金融機関審査はそんな事ありません。
男性でも女性でも条件を満たされていれば、スムーズに審査は通ります。
最近は家族形態が変わってきています。
必ずしもご夫婦にお子様が居るご家庭だけではありません。
ご夫婦二人、親御さんと息子さんまたは娘さんの二世帯。
お母さんとお子さんまたはお父さんとお子さんのシングル家庭。
パートナー婚や、お一人で暮らす家が欲しい。
いわゆる多様性です。



どの方にも、ご満足のいくHOMEを提供したいと願い私達はご相談いただいた内容にしっかり応えていきたいと思っています。
家を建てる事は決して贅沢な事ではありません。
むしろ、お力があるならば自身の不動産を持つ事は素晴らしい事だと思います。



毎日自分の好きなHOMEに帰れるって幸せな事ですから。
HAPPYな気持ちで毎日を過ごしましょう! sawano