アイコン
COLUMN

壊したくない里山の風景

2022年08月17日  WRITER 澤野 恵


夏休み後半は里山で過ごしています。
ポタジェの夏野菜が終わり、除草作業をして次の野菜を植える段取りです。
初めての家庭菜園、実る野菜は固定種から無農薬で育てた野菜たち。
葉も根も茎も全て安心して食べられます。



自家菜園で採れた野菜だけでスープを作りました。
身体にやさしい味がします。
私の目指していたライフスタイルが現実となりとても幸せな気持ちになりました。
もちろん、みんなでお肉も食べたいし時にはスナック菓子も食べますが、基本は添加物の入っていない調味料だけで作る料理を目指してます。



雨も降りましたが、大きな窓から大粒の雨を見るのも久しぶりだなと見入ってた時間。
満月の夜に月が雲に隠れていて、出るまで外のデッキで待っていた時間。
時間に拘束されないってリラックスできますねー。
思い返せば私の人生はほぼ脳裏も口からも「早くして、早くしてー」と呪文の様にこの言葉が巡っていました。
子供達にも可哀そうな事をしたな。
と、やっと出てきた月を見ながら振り返っています。



翌日はご近所さんに教えていただいたミョウガ採り。
実は、ミョウガってこんな風に生えるんだぁ、とその時に知りました。
林道を歩き、薬草を採って乾燥させたり味噌漬けにしたりetc
ご近所の母さんたちから、レシピも教えてもらいかなり知恵袋が増えました。



これぞ、里山の風景。
日本の宝です。
草刈りで汗だくになり、温泉に浸る日々ももう終わり。
あとは仕事を頑張るのみ。
仕事も遊びもメリハリつけて楽しみましょー! sawano