WORKS

太陽が丘プロジェクト

2012年02月25日 新築住宅FREE PLAN



ヤマダタッケンGeat HomesのShow Home。アメリカではモデルハウスをShow Homeとも呼びます。私達もただの住宅という箱を見せるのではく、住み方、インテリアをも含めた全て、Showのように見て頂きたく、この世界水準の家をつくりました。
デザイン重視にも拘りました。あとで絶対に変更できないのが、このデザインなのです。2カーガレージも全体のバランスに上手に取り入れました。
何よりもこの家の特徴はカラーに拘っていることです。今にもそばかすの少年と大きなDogが走って下りてきそうです。それでもうるさくはないですよ。階段も2階もカーペットが敷きこまれています。しかし日本はカーペットはダニの問題で敬遠気味。でもこの家は24時間セントラルヒーティングで温度、湿度が管理されているのです。だからダニの問題も全くノープロブレムです。
更にどの階も、どの部屋も全く同じ環境なので、空気もバリアフリーとなっています。日本の家のイメージは白。壁も天井も無難なビニールクロスの白が殆どです。しかし寝室が、このように眠りを誘う色であれば、自然に気持ちも安らぎ、深い眠りに入っていけます。このように部屋ごとに色を変え、雰囲気と楽しむことを、このShowHomeは気づかせてくれます。



玄関ドアを開けると遠くに、この景色があります。新しいのもをいかに古く見せるか。それにも随分拘り、人間が落ち着く場所、そして五感で感じる全てをこの建物に注ぎ込みました。


家に帰り、玄関を開けると、ママと娘のつくるクッキーの香りがしてきます。そして大声で「おかえりー」と迎えてくれます。テーブルはママが選んだ、チークの古材を利用したテーブル。キッチンのアイランドはパーティーの時、ママだけが忙しい思いをするのではなく、皆で作業、後片付けが出来るので、重宝します。



人間は平等に年をとります。親子何代と使っていく家こそ、老後を考えなくてはいけません。クルマ椅子でもゆとりのトイレスペース。



あなたの一番リラックスできる場所はどこですか?
特に大きなお風呂では、ジャグージと植物が心を癒してくれます。夏は扉を開放して、自然の風を楽しみましょう。そしてひまわりのような大きなシャワーヘッドでダイナミックなシャワータイムを、いつでもどうぞ。ワンレバー水栓の方が便利で良いですか?私達は昔ながらの2バルブが、クラシカルデザインで、とてもお洒落だと思っています。



1)明るい陽射しが降り注ぐ寝室はシックな色調でまとまり落ち着きます。
2)子ども部屋は明るい暖色系の色調でまとめました。お陽様の光もたっぷりと降り注ぎます。
3)洗濯物を干したり、タオルをストックしたり。普段お客さんから見えない部屋もお洒落にこだわります。


リビングからこんなグリーンが見えたら幸せです。
普通はお隣の壁や窓が見える場所。このグリーンも設計当初は「厄介な草をどうすればいいか」と考えていました。デメリットをメリットに変えました。そして五感にはお花の香りだけではなく、音も必要。水の流れる音もプラスしました。グリーンとお花の香り、そしてせせらぎの音をです。


このガレージ、どこか懐かしくないですか?もちろん新築ですが、とことん古さに拘っているのです。ガレージは男にとっては夢。それもどこにもない、古い内装で作り上げました。なぜなら、ここにパパの大切な友達が自慢のマシンでやってくるから。パパはこの場所が一番の自慢なのです。友達と家族に遠慮せずビールを飲んだり、マシンの話をしたり、修理だってしてしまうのです。そして家族とのコミュニケーションも今よりも、ずっと増えました。天気を気にせずにBBQを楽しむ。子供とテントを張ってここでキャンプもできます。でもパパだけが嬉しいのではありません。ママも雨や雪が降っていても、濡れずに家まで入れ、防犯にも役に立っているのです。

パパが言っていました。「俺はここに住んだっていい」って。