WORKS

カナダ熟練ビルダーがてがけるLOGHOME

2012年02月25日 新築住宅FREE PLAN



大きな木としっくい壁はなぜかよく似合います。それはどうも国境がないようで、日本でも神社仏閣、お城もそのスタイルです。
LOGHOMEを住まいとするなら、一番のお勧めは、どっしりとして日本の風景にも馴染み、この飽きのこないデザインのPost&Beamです。
デッキから望む景色も自分のものとなるでしょう。
玄関ポーチから左右に伸びる長いデッキは、ガーデンパーティーに訪れたゲストのスタンドバーとなることでしょう。
本物の分厚い玄関ドアを開けると、そこには男のロマンが溢れています。


やはりこの建物にはこの天井が一番よく似合います。
これ以上の自然素材はなく、そしてトップライトからはサンシャインと夜空の他に、たっぷりと四季も感じることができます。
このPost&Beamの特徴は、全てをLOGで組んでいないため、とてもスッキリし、色んな建材で間仕切り壁をつくることができます。
漆喰、珪藻土や和室などには、ダイナミックなLOGではなく、スッキリとした腰板など、お好みに合わせてお選び頂けます。
ヤマダタッケンのLOGHOMEの特徴は、完全フリー設計で、プレカットのみカナダで熟練のログビルダーが行っているので、日本人にあった間取りで、デザインとフィーリングは本物をご提供できます。