BLOG

素敵な出会い

2018年05月18日  WRITER 小浦 篤

こんにちは、総務部の中島です。

先月4月末の3連休を利用して娘と小2の孫が帰省しました。

春の穏やかな陽気に誘われて富山県の氷見市と高岡市にドライブに出かけました。

氷見への目的はきときとのお寿司。

朝10時の開店を目指し氷見道の駅へ。オープン30分前に到着しましたがお店には既に行列が。でも期待を裏切られる事なく美味しいお寿司を堪能しました。

次に目指したのは高岡市の国宝瑞龍寺。加賀藩二代目藩主、前田利長公の菩提寺。

S_7933210034026

以前弟からmust-see と言われていたお寺でいつか絶対に行きたいと思っていた場所です。残念ながら山門は改修中でしたが、仏殿、法殿などその佇まいには凜とした美しさがありました。そして雨晴海岸へ。海岸の美しさもさることながら埠頭から見る立山連峰の雄大な景色に思わず感嘆の声が。海風がとても心地良く、ゆったりとした時間の流れを感じました。最後に孫のお目当ての「おとぎの森公園」へ。

その途中ふと車窓から目にした鮮やかな芝桜の群生。

S_7933211506237

あまりの美しさに思わず車を止め見に行くとそこはJRの小さな無人駅でした。花好きの私には嬉しい出会いでした。

今回は日帰りの旅でしたが、お腹も心も満たされた充実した一日となりました。皆さんもたまには気分転換にどこかへちょっと足を伸ばしてみたら如何でしょう?何か素敵な出会いがあるかも….。

Nakajima

WRITER
小浦 篤広報
ヤマダタッケンでお家を建て、ご縁があり入社しました。営業部に所属ですが、主に広告デザイン・撮影などの仕事をしています。いろんな媒体を通じて、まだ見ぬ未来のお客様へヤマダタッケンの魅力をお届けします。今は趣味だった古いクルマ・バイクを手放してしまい…。いつかまた復活させようと目論んでいます。
WRITER
小浦 篤代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。