BLOG

家族

2012年11月22日  WRITER スタッフ

 

『家は何故必要なのですか?』

たいていの方は、『大切な家族とその土地にしっかり根付いて安心して生活するため』

と言う回答が多いと思います。

そう、家族が居るから『家=HOME』が必要だと思うんですよね。

 

 

先日、他県から嫁いだ娘さんが70代のお母様とそのご家族に近くに住んでもらう家をご契約いただきました。

お母様も、嫁がれてから40年以上住んだ土地を離れるのは大抵の決断が必要だったと思います。

打ち合わせも時間があれば関西方面からお越しいただき、一緒に間取りや使い勝手を確認していただき女性4人(設計士も女性なので)毎回笑いながら打ち合わせをさせていただいてます。

 

 

キッチンを決めるのにショールームに行った時は、さすが関西母娘!

ホース付きのシャワー水栓カランを伸ばして、『カラオケみたいに歌えるやん。』

と、やりとりをされていました(大笑)

私の母も70代後半、娘さんも私と同じ40代ということでお二人を見てると普段の私と母のやりとりを思い出します。

何度説明しても、話がぶり返され『その話はさっき決まったやん。』なんて。

母親は娘からきつい事を言われてもなーんとも思わないんですよね。

 

 

だから、男性には理解できないきつい会話が成り立つんです。

そのやりとりが、とっても羨ましくお母さんと一緒に家作りの話ができるなんてとても幸せだなー。といつも感じていました。

お互いに『そんな事ないわいねー。』と言われながらも、着工式でのご挨拶では娘さんから『母と近くに住める、こんな幸せな事はありません。』

とお言葉をいただきました。

 

 

 

大切な家族と暮らす『HOME』。
『家族にとって一番大切な事はなんですか?』
この事を考えながらHOME作りをされてみてください。
きっと、あなたにとって世界中で一番幸せな『家=HOME』が作れると思います。sawano
WRITER
スタッフ代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。