BLOG

伝統芸能にふれて

2015年03月24日  WRITER スタッフ

 

先週の金曜日、ニュースにも取り上げられていた平成中村座を見に行き,

 

迫力ある立ち回り、女形のしなやかな所作、

 

一人三役こなす早変わりの身軽さに引き込まれ、

 

まだ興奮冷めやらない営業部野村です。

 

 

一度は見てみたい!と思っていましたが、一度とは言わず何度でも見に行きたくなっています。

 

歌舞伎といえば江戸時代から続く日本の伝統芸能の一つ。

 

江戸時代の人々も私と同じように歌舞伎を楽しみ、

 

これからの時代の人々にも楽しまれ、承継されていくように思います。

 

そんな事を考えていたら、ある建物を思い出しました。

 

 

 

ご存じ、札幌の時計台。明治時代に建築された建物。

 

 

大磯の木下邸別荘。これも明治時代の建物。

 

時計台も木下邸別荘も、今見ても古さを感じませんょね。

 

これからも充分に通用するデザインの建物です。

 

この2邸のように、長い年月を経てもなお、色あせることなく、

 

長きに渡って愛される住まいをご提案していきたいと

 

同じように長きに渡って人々から愛されている

 

歌舞伎を見て思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WRITER
スタッフ代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。