BLOG

ヤマダタッケンにテレビ取材が!(^^)

2017年02月27日  WRITER 小浦 篤

こんにちわ、最近、ホームパーティーを楽しんでいる中田です(^^)

お家を建ててから、友人などをよく自宅に招くようになりました。

我が家のダイニングは海外でよくあるヌックダイニングといい、壁のくぼみのスペースを利用しています。

DSC07312

壁のくぼみの中に作られた巣のようなヌックはとてもリラックスできて、ついついおしゃべりが止まらなくなります。

お家にいてもお店にいるような気分になり、とても居心地が良いんです。だから外食に行く回数がすっかり減りました。

『ヌック』とは、趣味やティータイムに使えるちょっとしたスペースのこと。

その発祥はスコットランドで、もともとは「温かくて心地のいい場所」という意味で、家族の団らんの場所だそうです。
家族やお友達とおしゃべりするのに丁度いい落ち着けるスペース。それがヌックです。

実際には、食事や団らんに限らず、趣味や省スペースな書斎としても活用されています。

DSC04217

他にも、階段下や階段の踊場部分など、デッドスペースになりがちな場所をヌックとして活用する事が多いです。
階段下は、「コージー・ヌック」と呼ばれ、海外ではよく紹介されています。ちょっとクッションを置くだけで快適空間に様変わり!

zMeND3hsAUg0

出典:cushionsource.com

649wiI9HbIa3

出典:pinterest.com

そんな暮らしがもっと楽しくなる素敵なヌックスペースをお家づくりの際にご提案していきたいなと思います(^^)

素敵といえば!

3/4(土)PM16:00~石川テレビの『越村エリのすてき家~SUTEKIYA~ 』にて、

ヤマダタッケンが施工させて頂きましたHOMEが紹介されます!(^^)

本日は、その撮影で、お客様のお宅へお邪魔してきました!

とっても暮らしを楽しんでいらっしゃるK様!

撮影のご協力誠にありがとうございました(^^)

是非、こだわりのたくさん詰まったHOMEをテレビ放送でご覧下さいませ!

DSC09772

 

Nakada

WRITER
小浦 篤広報
ヤマダタッケンでお家を建て、ご縁があり入社しました。営業部に所属ですが、主に広告デザイン・撮影などの仕事をしています。いろんな媒体を通じて、まだ見ぬ未来のお客様へヤマダタッケンの魅力をお届けします。今は趣味だった古いクルマ・バイクを手放してしまい…。いつかまた復活させようと目論んでいます。
WRITER
小浦 篤代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。