BLOG

カンボジアに学校を贈呈

2017年07月22日  WRITER 小浦 篤

初めまして 総務部の宮坂です。

ヤマダタッケンがカンボジアに学校を贈呈する式典に参加してきました。

S_6422560919231

今回でカンボジアへ学校を贈呈するのは4棟目になります。

この取り組みは全国優良工務店のネットワーク『グレートビルダーズ』の仲間と

”誰かのためになる何かの活動を行いたい”

という想いから、私たち工務店が出来ることを考えたときに、カンボジアの子供達に小学校を作ってあげることを目標とし、2009年に記念すべき第1棟が完成しました。

今回の学校は首都プノンペンから北東へ車で約6時間のクラチェ州にありメコン側に面した小さな街にあります。雨季には1メートル程も浸水するので 高床式の校舎になっています。

S_6422557375999

学校を贈呈したときに見たカンボジアの子供達の笑顔は一生忘れられないと思います。

S_6422564265903

自分が参加した理由は会社が社会貢献している中で私も何かお手伝いできないかと思い同行しました。

S_6422566928663

ミスプリントの裏でノートを作り表面に和紙を貼って子供達に配る事ができとても喜んでくれた事が自分の中で良い経験になりました。

S_6422568784239
この様な機会があれば又参加したいと強く思いました。

Miyasaka

WRITER
小浦 篤広報
ヤマダタッケンでお家を建て、ご縁があり入社しました。営業部に所属ですが、主に広告デザイン・撮影などの仕事をしています。いろんな媒体を通じて、まだ見ぬ未来のお客様へヤマダタッケンの魅力をお届けします。今は趣味だった古いクルマ・バイクを手放してしまい…。いつかまた復活させようと目論んでいます。
WRITER
小浦 篤代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。