BLOG

外観の好みは??

2017年10月03日  WRITER スタッフ

こんにちは田川です。

今日は少し建物の外観についてご紹介します。

まずは全国で歴史的なロングセラーとなったMaman!!

1

DSC02855

DSC09775

Mamanは誕生当時のルール「フランスの田舎」の雰囲気を崩さずに忠実に守ってきました。
クラシカルデザインに拘って行く事が会社の考えでもありそこに共感してもらえる事が何よりも有り難く
現に9年前にMamanを建てたお客さん宅にお邪魔しても古さは一切感じず「内覧会させて下さい」と笑って会話できます!(^^)!
築年数を重ねて行く度に自分の家がアップデートされて行く感じは不思議ですよ。

続いてFree Planはシンプル系からサーファーズ、ブルックリン、プロバンスなど個性が出ます。
ue-01

ni-01

ki-02

DSC07980

DSC01577
只、これらの外観もstyle別にルールがありそこを崩してしまうと多国籍軍になってしまいまので要注意です。

スパニッシュ、プロバンス、ブルックリン…
言葉を並べるのは誰でもできますが、そのstyleは勉強をしていないと再現できないですし海外と同じ商材があれば直良です。
ヤマダタッケンにはカントリーベースと言う輸入建材を海外から直接輸入しる強力な兄弟会社があるので大丈夫ですが、こんなパイプが無いと「日本人が造ったなんちゃって…〇〇風…」になるんでしょうね。

まぁ何を言っても飛行機で現地に行って実物を見たりが一番勉強になります(^O^)/

会社に足を運んでもらえれば、僕たちが実際に行かせてもらった海外研修の画像はもちろんの事、まだまだ沢山の施工例も会社にありますので興味がある方はヤマダタッケンshow Studioを一度覗いてみて下さいm(__)m

きっと好みのstyleが見つかるかと思います(^.^)

たがわ

WRITER
スタッフ代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。