BLOG

ぬくもりある家づくり

2017年10月05日  WRITER 小浦 篤

こんにちは。ヤマダタッケン営業部の中田です。

秋の気配が漂う今日この頃。気温も下がり、温かいものが身に染みます。

お家づくりで温かみを感じるの素材は、やっぱり『木』。

DSC07697

リビングの一壁を板張りにすると、デザイン性だけでなく、視覚的にも

ぬくもりが生まれます。みんなで集う場所がぬくもりある空間だと

居心地はさらに良くなりますね。

S_6796059414953

キッチンカウンターを板張りにすると、まるでCafeのようなスタイルに。

まるでフランスの片田舎のおばあちゃんのお家に来たかのよう。

お料理する時間も、もっともっと楽しくなりますね。

S_6796059417641

寝室の天井を板張りにしたお客様は、

「ベッドに寝っ転がると、まるでペンションに来たような気持ちになります」

とおっしゃっていました。

お家にいながらペンションにいるような気分になれるなんて、幸せですよね。

DSC07806

おしゃれなCafeに行きたいけれど、子供がいるとゆっくりくつろげない・・・

私も子供が小さい頃は、外食に行っても何を食べたか忘れるくらい、ゆっくり出来なかった

覚えがあります。そんなママも多いのではないでしょうか?

ダイニングの天井に梁を見せたり、板壁をホワイトのペイントで

カラーリングすると、Cafeに行かなくても、お家Cafeでママ友とランチ会が定番になりそう。お家Cafeなら子供が騒いでいても、気を遣わなくていいですね。

S_6796059400741

近年、人気のあるアイアンの鉄のパーティーションや、コンクリート、レンガなどの

無骨な雰囲気もかっこいいですが、その空間の中に木のカウンターテーブルや、

家具が入ると、無骨な中に温かみをプラスすることが出来ます。

DSC07888

また、木の種類も建物の雰囲気やデザインに合わせて、

海外から取り寄せた古材などご提案させて頂きます。

DSC06033

P7194532

木は、目で見る温かさだけでなく、裸足で歩いても冷たさを感じにくかったり、

手で触ってもぬくもりを感じる素材です。

ヤマダタッケンはログハウスから始まった工務店ですので、

木をふんだんに使ったお家づくりを得意としています。

是非一緒に、ぬくもりのあるお家づくりをしましょう!

 

Nakada

 

 

 

WRITER
小浦 篤広報
ヤマダタッケンでお家を建て、ご縁があり入社しました。営業部に所属ですが、主に広告デザイン・撮影などの仕事をしています。いろんな媒体を通じて、まだ見ぬ未来のお客様へヤマダタッケンの魅力をお届けします。今は趣味だった古いクルマ・バイクを手放してしまい…。いつかまた復活させようと目論んでいます。
WRITER
小浦 篤代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。