BLOG

大きな節目に

2018年04月10日  WRITER 小浦 篤

こんにちは、ヤマダタッケンの中田です。

先日、能美市にてT様邸の上棟式を、そして白山市にてF様邸の地鎮祭を執り行わせて頂きました。

とてもいい式が挙げられ、ご家族の皆様も一安心のご様子でした。最近では、地鎮祭を執り行わない傾向もあるようですが、「地鎮祭」には地を鎮めるという意味が言い伝えられています。家を建てるという一生のうちでも、大きな節目にもなることに、真摯に向き合うことは大事なことですね。

S_7777014542857

お施主様の親御様や、ご祖父母様も式に参加して頂き、改めてお家づくりとは

お施主様だけでなく、そのご家族にとっても大変大きな節目となり期待して頂いていることを感じました。

S_7777014621360

S_7777014649284

昔から親子の距離を 「スープの冷めない距離」と言われますが、F様、T様お二組共に、ご実家のある町での建築となります。

時代が変わり、共働きも多くなっている為、親子でちょうどいい距離を保ちながら、協力し合って暮らせるのはお互いに安心出来ますね。

これからお引渡しの日まで、しっかりと現場を守っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

尚、来週末は金沢市額乙丸にてAyu-m Mamanの内覧会を開催致します。

S_7777014507661

 

お家づくりをお考えの方はぜひご来場下さいませ。

 

Nakada

WRITER
小浦 篤広報
ヤマダタッケンでお家を建て、ご縁があり入社しました。営業部に所属ですが、主に広告デザイン・撮影などの仕事をしています。いろんな媒体を通じて、まだ見ぬ未来のお客様へヤマダタッケンの魅力をお届けします。今は趣味だった古いクルマ・バイクを手放してしまい…。いつかまた復活させようと目論んでいます。
WRITER
小浦 篤代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。