BLOG

ヤマダタッケンSTAFF紹介011

2018年06月30日  WRITER 小浦 篤

梅雨に入り、雨が期待するほど降らずなんだか四季がぼんやりしている感じがしますが皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回のSTAFF紹介は小浦篤さん。
DSC00023
彼との出会いは15年前。
その後、当社で素敵な家を建ててくれました。
当時担当営業だった私は「小浦様」と携帯に番号が登録されていました(笑)
そこから一転、社員となって現場監督の道へ。
その後の異動を得て、現在はホームページの管理や広告関係の仕事をするクリエイティブデザイナーとして頑張ってくれてます。
S_8192583277022
見かけは「クリエイティブ」にも「デザイナー」にも見えませんが愛嬌の良い熊さんのようです。
会長からは特に愛称で呼ばれていますね!
S_8192692361641
ログハウスに入ったすぐの左手の部屋に居ますので会社へお越しいただいた事のあるお客様は
「あー、あの人ですね。」
と思い出していただけるのでは?
S_8192667432021
S_8192666185515
小浦さんの家はコテージのようなブリティッシュスタイル。
彼が乗っていたMINIを息子に譲ってもらったりもして
ブリティッシュスタイルのインテリアをお客様である小浦さんから教わったと実感しています。
グレートホームズ物語
営業STAFFがお客様にHOMEづくりのお話をさせていただく際に、お見せするプレゼンテーションも彼の家がお手本です。
お客様から社員になって12年。
この先も一緒に、お客様への提案を一緒にしていきたいと思います。
小浦さん、これからもよろしくお願いしますね。
sawano
WRITER
小浦 篤広報
ヤマダタッケンでお家を建て、ご縁があり入社しました。営業部に所属ですが、主に広告デザイン・撮影などの仕事をしています。いろんな媒体を通じて、まだ見ぬ未来のお客様へヤマダタッケンの魅力をお届けします。今は趣味だった古いクルマ・バイクを手放してしまい…。いつかまた復活させようと目論んでいます。
WRITER
小浦 篤代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。