BLOG

ヤマダタッケンSTAFF紹介013

2018年09月30日  WRITER 小浦 篤

S__42336260

秋の夜長を楽しむ季節になりました。

電球色の灯りの下で読書をしたり、秋の実りに手間をかけて料理をしたり。

私は肌寒くなる頃から、家で過ごす時間が楽しみになります。

s-DSC01604

先日は、太陽ヶ丘プロジェクトにお住まいの皆様とガレージパーティをしました。

街づくりに共感頂いている皆様なので、暮らし方のお話が尽きないです。

こんなご近所さんとの関わりで、暮らしが豊かに感じる事に気付きほっとする時間でした。

7B8A19B7-1F5C-45B0-86D8-B218887E129C

そう思うと、不動産とはその名の通り動かない産物だとすると周りの環境はとても大切です。

当社の不動産さん担当、宮坂さん。

3A70C4F5-CDB6-46F7-909F-2FC419A6224B

彼女は大野のアメリカンホームタウンの販売に一生懸命。

アパートの管理に、店舗提案。

いろいろな不動産に対し、積極的に動いてくれます。

本来は経理志望での面接に、明るい人柄と宅地建物取引士に見事合格し不動産と総務部の業務に従事してくれてます。

社員満足の向上チームにも所属して、益々会社を盛り上げていってくださいね。

台風の接近や、朝夕の冷え込みに皆様お気をつけください。Sawano

WRITER
小浦 篤広報
ヤマダタッケンでお家を建て、ご縁があり入社しました。営業部に所属ですが、主に広告デザイン・撮影などの仕事をしています。いろんな媒体を通じて、まだ見ぬ未来のお客様へヤマダタッケンの魅力をお届けします。今は趣味だった古いクルマ・バイクを手放してしまい…。いつかまた復活させようと目論んでいます。
WRITER
小浦 篤代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。