BLOG

お庭のご相談いかがですか?

2022年02月13日  WRITER 池端 健

こんにちは。
新築工務 池端です。

2月に入り、春はまだもう少し先かなって感じですが、今の時期だからこそ春先の
お庭のご計画が進められます。

春の季節は、気温も穏やかで工事もとても進めやすいのでとても効率が良いです。
そこで、現在”お庭のリニューアルやバージョンアップ”をお考えの方、あるいは、
まだお庭が全くの手つかずという方は、今のうちにお考えになられたほうが良いですね。

今回は、当社での主な施工事例写真をお見せしながら簡単にご説明致します。


大変人気の「木製物置」。
ツーバイフォー工法によって組み立てられる物置は、その気になればDIYでも組み立てできます。
ですがやっぱり、手慣れた大工さんに建ててもらうのが安心ですね。
屋根のお色は数種類から、そして建物のカラーはお客様のお好みのものを2色選べます。
最近では、お客様ご家族で楽しみながらペンキを塗られる方もおいでます。
基礎工事から完成まで安心してお任せください。サイズも形も豊富です。

───


樹脂フェンスと、ガーデンルーム。
当社でご建築頂くお客様から、こちらもとても人気のフェンス。
コストパフォーマンスが抜群によく、耐久性もあり、何よりデザインが豊富です。
お客様のお庭のスケールに合わせて、お好きなサイズでオーダーできますし、
おしゃれフェンスも良し、プライベート空間を確保するのにも良しで海外のお庭を
イメージするような空間が実現できます。高さは900mm~1800mmまで。

ガーデンルームは、比較的高価ではありますが、季節を問わずテラスを存分に
楽しめる物となっております。商品によってはオプションも豊富でお客様の希望を叶えます。
リビングルームがもう一つ増えるような感覚ですね。

───


ガーデンライティング。
こちらの事例は、他社でご建築されたお客様からご依頼を頂いてリガーデンを行いました。
DIYがご趣味のご家族で、ライティング計画はお客様によるもの。驚きですね。

私達は、床周りやテラスへのステップ階段をコンクリート造形によってお作りさせて頂きました。
手前に見えるアプローチはアメリカから直輸入したインターロッキング。
厚みは70~80mmあり、車が入らないアプローチですと簡単に路盤を作ってから敷き込むので
施工性も良いですし、何より日本の製品ではないので海外風の空間が作れます。

近年、特にお庭にライティングをされる方も多くなっており、もちろん当社でもそのお手伝いを
させて頂きますので、お庭づくり+ライティングとしてご提案も可能となっております。

───


駐車場コンクリートも思い出づくりに。

駐車場のコンクリートなど、打設する際にお客様にお時間を合わせて頂き、このように
お子様やワンちゃんの手形や足型をつけることもできますよ。
ちなみに、このときはコンクリートに環境に優しいカラー顔料を混ぜ合わせて”カラーコンクリート”にて
施工しております。(カラーバリエーションも豊富です)

こんな風に、手形を付けたりすると毎日のお出かけが楽しくなりますね。

 

お家時間が増えたことで、多くの方からリガーデンやお庭づくりのご相談を
頂いております。春から夏にかけてお庭をご計画されたい方はぜひ、
当社までご来社・ご相談ください。

お待ちしております。(水曜日定休)

WRITER
池端 健新築工務チームリーダー
エクステリアのご提案から施工まで全てをご担当しております。お客様が描いているイメージをカタチにする楽しいお仕事をしています。海外から輸入したレアな自然石や、みどり豊かなゾーニング、機能的に使える木製ガレージなど、ご予算に合わせたプランを気に入って頂けるまでお付き合い致します。趣味はキャンプとドローンを使った空撮動画撮影です。ミニチュアシュナウザー(二人)も家族として一緒に暮らしています。
WRITER
池端 健代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。