BLOG

70年代不動産とヴィンテージウッド

2022年03月08日  WRITER 松島 正博

こんにちは

70年代不動産ネットワークのマツシマです。

 

ようやく春らしくなってきたと思ったら、三寒四温で寒かったり暖かかったり落ち着かない日々が続きますね。

それでも自称アウトドア好きの自分としては春が来るとワクワクしてきます。

釣りにキャンプ、すでに4月以降の休みの予定が埋まりつつあります。

 

さて、私は70年代不動産という全国ネットワークの仕事をしていますが、加盟店さんに営業や施工サポートをする傍らリノベ用のオリジナル建材を作成することもあります。

 

中でも一番のお気に入りはヴィンテージウッド。

床や壁に張る用の板材ですが、新しい木板をベースにエイジングという技術を施して、使い古された古材のように造り変えます。

まるで何十年何百年も経年変化した風合いの板材を張ることで、古さを活かしたヴィンテージテイストが特徴の70年代不動産リノベが、ものすごくカッコ良いお家に生まれ変わるのです。

 

70年代不動産リノベは、コストをかけすぎず古さを活かしてカッコよく造るということをモットーにしています。

なので、いわゆる古材と言われるような高価な材料は基本使いません。

このエイジングという技術は70年代不動産は無くてはならない技術なのです。

このほかにも70年代不動産でしか見ることのできないエイジング技術はたくさんありますが、またいずれご紹介させていただきますね。

 

ヤマダタッケンでは、現在70年代不動産リノベーションモデルが2棟同時で施工中です。

どちらも70年代不動産リノベのエイジング技術がふんだんに活用されたカッコ良い物件に仕上がる予定です。

オープンは4月を予定していますが、ヴィンテージテイストの物や空間が大好きな方は、ぜひぜひ70年代不動産リノベーションを体感しに内覧会にお越しください!

 

それではまた

マツシマ

 

WRITER
松島 正博70年代不動産ネットワーク課
金沢の伝統と革新的な文化に惹かれてお隣の富山県から移住して来ました。観光地周辺に住んで、猫と一緒に金沢暮らしを満喫しています。これまで住宅業界の仕事を続けてきましたが、僕自身が暮らしてみたいと感じる家づくりを提案したいという思いから、ヤマダタッケンに入社しました。 お施主様が10年後、20年後にも建築当時の思いを語れるような家づくりの提案をモットーにしています。趣味は欧州サッカー鑑賞、観葉植物育成です。
WRITER
松島 正博代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。