BLOG

70年代不動産的キャンプミーティング

2022年06月03日  WRITER 松島 正博

こんにちは

70年代不動産ネットワークのマツシマです。

 

弊社ヤマダタッケンが運営している70年代不動産ネットワークでは、全国の加盟店さまにもっと70年代不動産リノベを拡げていただくため、合同研修を定期的に開催しております。

ここ最近では、オンラインでの開催がほとんどでしたが、ようやく加盟店の皆さんと顔を合わせて研修を行うことが出来ました。

ちなみに70年代不動産では特徴のあるリノベーションを提案しているため、研修も一味違います。 めちゃめちゃ変わってます。

 

今回の研修テーマは【70年代不動産的キャンプミーティング】

なぜにキャンプ?って思いますよね。

ただの遊び?って思いますよね。

 

いえいえ私たちは真剣です。

アウトドアスタイルと相性の良いリノベの70年代不動産では、キャンプギヤを家具や日用品に使ったり、ウッドデッキやお庭でグランピングを楽しむ暮らし方の提案もさせていただいております。

近年ではアウトドアブームの影響もあり、お客様のそういったニーズ増えたように思います。

そんなライフスタイルのお客様にどんな家づくりを提案するのか? キャンプもしたことが無い担当者が提案できるわけがない。

それなら実際にみんなでやってみよう!ということで今回の開催にいたりました。

 

ということで、行ってきました! キャンパーの聖地「snowpeak ヘッドクォーターズキャンプフィールド」へ。

 

全国の加盟店さま、ヤマダタッケンスタッフ、総勢30人が集まっての団体キャンプ。

初心者も上級者もみんなでやるのが本当に楽しい! 学生時代の合宿を思い出しました。

もちろん研修ですので、ただキャンプを楽しむだけじゃなく、snowpeakさんによるセミナーも行っていただき、暮らし方や家づくりのヒントがたくさん得られた2日間でした。

 

 

 

 

暮らしを楽しむヤマダタッケンの家づくりは、モデルハウスでも体感いただくことが可能です!

ご興味がある方はぜひぜひお問い合わせください。

 

マツシマでした。

WRITER
松島 正博70年代不動産ネットワーク課
金沢の伝統と革新的な文化に惹かれてお隣の富山県から移住して来ました。観光地周辺に住んで、猫と一緒に金沢暮らしを満喫しています。これまで住宅業界の仕事を続けてきましたが、僕自身が暮らしてみたいと感じる家づくりを提案したいという思いから、ヤマダタッケンに入社しました。 お施主様が10年後、20年後にも建築当時の思いを語れるような家づくりの提案をモットーにしています。趣味は欧州サッカー鑑賞、観葉植物育成です。
WRITER
松島 正博代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。