BLOG

本を読む。

2022年07月15日  WRITER 藤村 圭子




本を読む。




毎日、目や耳を塞ぎたくなるようなニュースばかり。


SNSを開けば、見たくなかった動画が上がっていたり・・・


テレビを付けると、やっぱり情報が入ってきて。




今、世界や国内で
起こっていることをきちんと知っておくことは必要だとは
思うけれど、


自分の心を削ってまで知ろうとすることは無いんじゃないかな?
と最近は、もう一時的にシャットアウトすることにする。



そんな時は、「本を読む。」


私は、1冊をガァーっと一気に読むのではなく、

並行して何冊かを気分で読み進めるスタイル。




本って、自分の好きな時に好きなところへ連れってってくれるし、
知らなかったことをたくさん教えてくれる。

自分を見つめ直す時間にもなったりするので
今年はそういう時間を意識して作ろうと思っている。



少し外の世界から離れてみる。




自分の心をリセットする。




だから、お家に本を読むスペースがあったら
いいなぁ。

『70年代不動産 鶴ケ丘モデル』

は、そんなことも考えて
リノベーションしました。




お家にいて、気分で場所が変えられる。




今日はソファーに寝そべって
ゆっくり読もうかな。




今日は明かりを灯して
読書スペースで。こっちの気分。



今日は集中して読みたいからこっちにしよう。




なんて毎日新鮮な気分で本を読める。

いいなぁ。




床の間を読書スペースに。
なんてところも70年代不動産っぽい。




暮らしを豊かにするご提案がたくさん。



「70年代不動産 鶴ケ丘モデル」

是非、一度遊びに来てください。

WRITER
藤村 圭子70年代不動産ネットワーク課
『70年代不動産ネットワーク』本部のお仕事をさせて頂いています。昔から古いモノが持つ独特の雰囲気や存在感がたまらなく好きで、1点モノにも目がないから、趣味・ストレス発散は「古着屋さん巡り」。ヴィンテージやアンティーク品が私のもとにやってくるまでにどんな出会いがあったんだろう・・・と妄想するのが大好き!古いモノを生かしたリノベーション『70年代不動産』は、そんな私にピッタリで、本当に楽しいです。
WRITER
藤村 圭子代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。