BLOG

シンプルに正直に。

2013年06月23日  WRITER スタッフ

どうもミナミデでっす。

 

湿気が気になる季節になりましたね。
このまとわりつく暑さが北陸の夏が近くまで来ていることを
感じさせます。。

 

旅行にいったのも遠い昔に感じるようになって来ましたが、
記憶を辿ってもう少しLONDONとPARISの様子を紹介しますね。

 

今回の私にとっての旅の目的地である1つがこのライフスタイルショップ
baileys

 

 

洋書のHAND MADE HOMESIMPLE HOMEの作者である
ベイリー夫妻が手がけるインテリアショップです。

 

私達夫婦共にこの本の雰囲気が好きで、ちょっと古いものだったり
味のあるものが好きなもので、イギリスへ行くならここに行こう!と
この旅で1番に決まった目的地でした。

ロンドンから西へ向って車で2時間半、電車で行っても乗り継いだりして3時間かかることがわかり、
海外で初レンタカーを借りて、iPhoneを頼りに行くことに決めました。

 

古い農場を改装した建物。
建物の中は広く、日用品から家具、食器と言ったキッチン用品に照明器具など、
新しいものから古いものをリサイクルしたものまで。
ガラスや木といった本物の素材にこだわったものが並べられ、
また建物の雰囲気と商品がばっちりきてるんですよね。

 

どれも素材や味わいを感じるものばかり。
シンプルで正直なものばかり。

 

たっくさんほしいものがありましたがスーツケースに納められそうなものだけ
連れて帰ってきました。

 

ずっといいな~と憧れていた場所は想像以上の空間が広がっていました。
いや~行けてよかった(しみじみ)。
足を運ぶことによって、より作り手のセンスや想いが感じられ、
ますます好きになりました。

 

あと、ロンドンに戻ってからは前回の研修時に行けなかった
コンランショップとノッティングヒルにあるFarrow&Ballのショップへ!

 

気に入ったスプーンの在庫を探してもらっている間、
店内をぐるぐるしてると、見たことがあるようなグレーの壁が・・・

 

 

 

やっぱりFarrow&Ball!!さすがイギリス。

 

 

普通にカフェやブティックと並んで塗料屋さんがあることが自然で
日本では見たことがないな~と思いながら店内へ。

 

私達が入った後に来たお客様もお子様連れのご夫婦で
スーパーに買い物に行った帰りにきた様子。
お部屋の模様替えを考えているのか色見本を組み合わせて楽しそうに悩んでましたよ。

正に生活スタイルの、文化の違いですね。

 

おまけ

 

街並みにとけこむ養生シート!

 

minamide

WRITER
スタッフ代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。