BLOG

「THE アメリカ研修。」

2017年10月19日  WRITER 中川 外志夫

 

こんにちわ。  設計 中川です。

 

 

IMG_3607

 

1週間ほど、10名でアメリカに研修に

 

いかせていただいておりました。

 

会社に残って留守を預かってもらいました

 

みんなと、行く機会をもらえた事に感謝しております。

 

今回はカリフォルニア州とオレゴン州に行ってまいりました。

 

まずはカリフォルニア州ロサンゼルスへ。

 

IMG_E3455

IMG_3433

IMG_3476

IMG_3407

 

RRLやロンハーマンなど名前の通ったショップを見つつ、

メルローズあたりを散策。ここらあたりの住宅はほとんどが

メディタレニアン様式(地中海様式)で建てられていました。

いやぁ、安定感ばつぐんのカッコよさです。

 

 

 

 

次はやはりカリフォルニアにきておいてミッドセンチュリー

系の建物は抑えておかないとって事で。

 

チャールズ&レイ イームズ自邸。

IMG_3698

 

建築やインテリアコーディネーターなら教科書なんかでは

たいがい載ってる、ケーススタディハウスのNo.8!

それが目の前にあるのは鳥肌がたちそうでした。

知らない人にはただのプレファブの箱ですがね

 

次にパームスプリングスまで移動して

ミッドセンチュリー系のランチハウスの住宅群を

見てまいりました。

IMG_E3879

IMG_3898

 

リチャード・ノイトラが設計した方のカウフマン邸も。

カウフマン邸と言えばフランク・ロイド・ライトの落水荘が

圧倒的に有名ですが、こちらもなかなか。

これで築70年ほど経ってますがまったく色あせてない。

ほかにもライトが設計したホリーホック・ハウスも見て

きましたが、本物って、纏ってるオーラ感が半端ないです。

IMG_E3918

 

 

で、強行軍でオレゴン州ポートランドへ。

公共交通機関や徒歩での行動範囲で暮らせる街を

目指したコンパクトシティの概念で作られています。

アーバニズムとも言ったかなと思いますが、

数年前に行ったシアトルの雰囲気にも似て大変居心地

の良い街でした。

IMG_E4043

ここらの住宅はヴィクトリアン系

の住宅がほとんどでした。

 

IMG_4242

 

と、いろいろと見てきました。

 

 

正直、見るだけならgoogle-mapでも見てれば?

って話なんですけどね。

 

やはり、

「現地に行った事がある事実」と「その空気感を味わい吸収する」

これはいかないと無理ですしね。

写真撮りまくって、だいぶイメージも蓄えたので、

さっそくこれらを提案にフィードバックさせにかかろうかと

企んでおります。いい刺激をもらいました、感謝。

 

ナカガワ

 

WRITER
中川 外志夫新築チームリーダー 設計
家は住む人の個性や暮らしを映してくれます。暮らしを間取りに取り込んで。個性を「形」に表す。それを具体的にするお手伝いをするのが僕の仕事です。もともと、特に考えもしないで踏み込んだ住宅業界。いつのまにやら長い間、この仕事をしておりますが、いまだに住宅の設計はおもしろいと感じてます。これからも、住む人の暮らしが豊かになるためのサポーターでいれればと思います。そして特に恐竜は好きでもないです。
WRITER
中川 外志夫代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。