BLOG

ヤマダタッケンSTAFF紹介009

2018年04月30日  WRITER 小浦 篤

Spring!春が来ました。
雪が溶けようやく桜が咲いたと思えば、あっという間に散ってとても忙しい春の到来です。
今月は出張もイベントもたくさんありました。
島根にある仲間の工務店さん訪問に5年ぶりの出雲大社参拝。
京都での打合せ、神奈川へはアンティーク資材の搬入。
月末には台湾へ(これは遊びです)
私が不在でも、しっかり会社を守ってくれる心強いSTAFFのみんなも先月の雪の影響からとても忙しい日々を過ごしていました。
今月最終日の今日も、母と子のイベントに参加させていただき沢山のお客様と一緒にモノづくりをしていました。
DSC00389
DSC00371
アフターメンテナンス担当の課長中村はお客様にご迷惑をかけまいと、工事にメンテナンスに大忙しだったようです。
入社は私と同時期。一緒に歩んできた同志です。
   S_7879637057790
年齢は私よりお兄さんですが、気はとっても若く若手のSTAFFにも頼られている陽気なおじ様です。
HawaiiとBikeが大好きでそのために仕事を頑張っているのでは?
と、言うくらいです。
もちろん、家族への愛情も深くいつも家族の為にがんばっているお父さん像が若いSTAFFに頼られる要因のようですね。
アフターは住んでからのお付き合いとなりますので、お住まいを始めたお客様からお叱りを受けるコトもありますし、逆に嬉しいお言葉も直で伝えていただける部署ですので彼らからの意見はとても貴重です。
二年前に高卒で入社した二人も中村課長の元でしっかりと教育を受け社会人らしくなり、今では一人一人の責任の元で仕事をしてくれています。
S_7879616870565
社会人になって最初の上司は私も今でも覚えています。
その方によって、社会を知る事がたくさんあり新卒者を育てる役割は重要ですね。
S_7879628376369
何でもできる多能工の親方である中村課長は、会社の心強い存在。
でも年齢にはかないませんから、無理せず身体を大切にこれからもよろしくお願いしますね。
当社は2日から5日までお休みをいただきます。
各自、家族や大切な人とゆっくりとした時間を過ごしてほしいと願っています。
sawano
WRITER
小浦 篤広報
ヤマダタッケンでお家を建て、ご縁があり入社しました。営業部に所属ですが、主に広告デザイン・撮影などの仕事をしています。いろんな媒体を通じて、まだ見ぬ未来のお客様へヤマダタッケンの魅力をお届けします。今は趣味だった古いクルマ・バイクを手放してしまい…。いつかまた復活させようと目論んでいます。
WRITER
小浦 篤代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。