BLOG

アフターの独り言

2018年12月06日  WRITER 野村 美香

こんにちは、中村です。

今回のブログは、最初で最期の?企画。

70年代から80年代の洋楽の思い出を語るです。と、言うのも・・先日映画を見てきたからでもあるのですが。

『ボヘミアンラプソディー』もう最高でした。きっとQueenを知らない人でも楽しめるのではないでしょうか?

27881AF2-2F6C-4F20-A4BA-8D9AD99F66A3

私が洋楽を聴く様になったのは小学高学年の頃。

ラジオで「オールジャパンポップス20」と言う番組があって、オリビアのジョリーンを聴いた時のトキメキを今でも覚えています。

あー、私だけではありませんでしたよ。結構皆んな聴いていて、学校で話をしていましたから。

女子に人気があったのは‘‘ベイシティローラーズ‘‘でしたかね?  その後の洋楽との接点はテレビ番組で、小林克也さんの「ベストヒットUSA」ですね。

ご覧になっていた方も多いのではないでしょうか?

あのオープニングのギターの音が聞こえると今でもあの頃に戻れちゃいます。

個人的な見解ですが、70年代から80年代の洋楽には、凄いパワーがあったように感じます。

沢山のビックアーティストが誕生し、其々が凄い個性的で魅力的でした。

ビートルズ、カーペンターズ、サイモン&ガーファンクス、アバ、クイーン、アースウインド&ファイアー、マイケルジャクソン、マドンナ、カルチャークラブ、シンディーローパー、ホール&オーツ・・・etc

『ボヘミアンラプソディー』の劇中でも取り上げていたライブエイド。凄いチャリティー企画ですよね。揃いのTシャツを着て歌を歌う企画とは比べ物にならないのです。

ここから‘‘Do They Know Its Christmas? ‘‘が生まれ‘‘We Are The Worldへと繋がっていくのですが、今でも色褪せないですよね。

また、あの頃の洋楽は、映画と共に生まれた物も多いのですよ。フラッシュダンス、ゴーストバースターズ、バックトァザフューチャー、グーニーズ、トップガン・・・etc

と、言う訳で、次回は?洋画について語りましょうか?(多分会社的に却下ですが)

是非皆さんも劇場で、色んな映画をご覧下さい。私は、次はやっぱり彼女が出る映画ですかね(^^)

nakamura

WRITER
野村 美香リノベーションチームリーダー セールス
風の盆というお祭りで有名な富山市八尾町出身で、落ち着いた伝統的な街並みや建物が好きです。休日はそんな場所に出向いて、ゆっくりと美味しい食事や散策をしてリフレッシュしています。お客様の趣味やライフスタイルをぜひお聞かせ下さい。居心地のよいお住まいのご提案ができればうれしいです!
WRITER
野村 美香代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。