BLOG

「ここ数年、足腰その他にボロがでてるので来年こそは運動をいっぱいして痩せてみるとこんな所で宣言してどうする。」

2021年12月10日  WRITER 中川 外志夫

 

 

お世話になっております。

設計 中川です。

 

 

 

おかげさまで明日で48歳になるようです。

このお方と同い年。

#碇ゲンドウ

#AGE48ってグループ名か。

 

 

「こどもみらい住宅支援事業」

新しい補助金制度が来年始まります。

 

 

中身をざっと目を通しましたが、ZEH基準の100万円はあくまで

足しにしてね的ですが、通常の省エネ基準の補助金は例年と比べても

補助額がわりと大盤振る舞いで魅力的です。

10月末までですが予算も決まっていますし、補助額も大きいので

多分、8月中には前倒しで終了ってパターンかなぁと

予想します。

こりゃ争奪戦になりますね。

 

 

 

断熱性能大事ですよね?

耐震性能なども大事ですよね?

とか。

でも個人的に思うのは、

 

「机上の数値だけでの良し悪しの判断はダメ、ゼッタイ。」

 

 

数値だけで優位性をアピールされる会社さんも中にはあるんで

しょうけど。

実務側の人間としては机上の数値だけで優劣をつけることの矛盾

を感じているわけでして。

 

 

実際もっと大事なのはそれを最大限に活かした間取り、

計画になっているかどうかだと思っています。

 

断熱性能でいえば、性能値が優れてても間仕切りだらけで

部屋ごとで温度差があるような間取りではもったいないですし、

家中の温度が一定に近づくような間取りが理想なんです、本来。

 

耐震性能も実際は構造的に強い形状、構造材の組み方や材配置、

それらを解ったうえでプランニングをしているのか。

繰り返し来る余震に対しての備えを考えているのか。

ただ壁量が多ければいいってもんでもないんですよね。

「実のところでどうなのよ?」が大事なんだと思います。

 

普段はデザイン寄りで話することが多い会社なんですが、

声高には言いませんが、住宅性能の事も考えて

はいるんです、、一応。

 

 

 

デザイン的なことを言わせていただくとすれば、

「テイストの基本を理解し、忠実に守ること。」

を大事にしております。

 

一口に海外テイストと言っても色んな国があって

地域によっても色んな様式があります。

 

形、屋根勾配、素材、間取り、色、装飾。

 

それぞれに歴史から生まれた特徴があり、

それを忠実に守ることを心掛ける、

その積み重ねでクオリティも高まります。

 

「~風」「~調」ではなく。

 

永く愛着の持てる住まいを、コストバランスも考えながら

できうる限り本物を提案ができたら。

 

ナカガワ

 

 

 

 

WRITER
中川 外志夫新築チーム設計
家は住む人の個性や暮らしを映してくれます。暮らしを間取りに取り込んで。個性を「形」に表す。それを具体的にするお手伝いをするのが僕の仕事です。もともと、特に考えもしないで踏み込んだ住宅業界。いつのまにやら長い間、この仕事をしておりますが、いまだに住宅の設計はおもしろいと感じてます。これからも、住む人の暮らしが豊かになるためのサポーターでいれればと思います。そして特に恐竜は好きでもないです。
WRITER
中川 外志夫代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。