畑から竹林整備へ


『みんなの畑の会』は西田敏明さんが中心となって活動されています。
御年73歳。
3年間でこの活動を形にすると宣言され、今年で4年目。
しっかりと形になっている団体です。


畑の地権者さんは、裏山の地権者様も多いらしく高齢化になるにつれ山の整備は手に負えない状況になってきました。


整備をしないと、獣害の問題も出てきます。
そこで、竹林整備を行いタケノコやメンマづくりにて山の恵みを産業にして将来的には桜を植えてみんなの森を作る構想が始まりました。


こちらにも、参加させていただき春はタケノコ秋には原木のキノコをいただいています。


畑も山も、想像以上に大変ですが自然との共存や再生を多くのボランティアの方達を一緒に楽しく参加させていただいてます。

Good life Community


2019年秋より自社でも畑にて野菜作りを始めました。


もちろん固定種愛情栽培です。


休耕田をお借りして、180坪の田を耕し畝を作りマルチングして…初めての事ばかりを体験しました。


既にお家を建てていただいたお客様を会員制にしてジャガイモを10畝ほど植え込み皆さんで楽しんだのはいい思い出です。


「Good life Community」とは固定種を推進している皆さんと作った造語です。そこにYamadaを+してこんな看板も作りました。


畑は会社から2kmほどの『NPOみんなの畑の会』さんからお借りしています。


地域の皆さんとの交流も始まりました。

それらの野菜を食す


地元で採れた無農薬の野菜や山菜を食事提供していただける家屋にお招きいただきました。


どっしりと佇む日本家屋の素晴らしいお座敷にて、ジュンサイのお吸い物をいただいた時の味は忘れません。


地域の水場で採れるのだそうです。それだけ水がきれいな地域なのです。自生されたクレソンやワサビまで。


これらは水が命。


そして米。


特別栽培の小粒のお米は甘く粘りがありとても美味しいのです。


これが豊な食事なんだと初めて知りました。

人に伝えること


私達は「暮らしを愉しむ」をコンセプトにお客様に共感いただいて家づくりのお手伝いをさせていただいています。


愉しむ中に、ワークショップでモノづくりを開催したりマルシェをしてみたりとイベントも行ってきました。


そこで、畑づくりのワークショップをしてみると多くのお客様に参加いただいたのです。


皆さん食に興味があり、可能な限り身体に好いものを摂取したいという方ばかり。


家を建築させていただくと、お庭が少なからずできますから家庭菜園で少しでもご自身で野菜を作ってみませんか?と促しているのです。若いお母さんたちは母親になって子供に何を食べさせたらいいいのか?を迷っているからです。

固定種愛情栽培


このような言葉を聞いた事がありますか?


これは、80歳を超えて自分達の孫が健康で健やかに成長するには固定種にて化学肥料を使わない、微生物農法を教えてくださる方に出会いました。


通常栽培されている野菜はF1種(一代交配の種)ですが、固定種は在来種ともいわれ自家採種して毎年栽培することができるのです。


そこに、「美味しくなーれ」って声をかけてお世話するともっともっと美味しくなるんですって。


野菜の味も昔ながらの濃い味がします。人参、大根、葉っぱ類なんでも味が濃くうまみがある。


一番驚いたのは、化学肥料を使っていないので腐りにくいのです。


こんな畑づくりもやってみたいなぁ。と想いを馳せていました。

人は食べ物でできている


現代人はファミレスやコンビニで手軽に食料を調達することができる。


その中には多くの添加物や、化学肥料や除草農薬を使った野菜も満載のようです。


食事はスーパーで材料を購入して料理することが当たりまえだった私。


それまで何とも思っていなかったのですが、少しずつ食事に対して意識するようになりました。


今でも、外食はしますしコンビニのおにぎりもたまにいただきます。


美味しい事が大前提ですが、海外のオーガニックに対する意識が高い事も知り海外のライフスタイルに憧れる私は少しずつ意識するようになりました。

里山との出会い


6年前に里山にてリフォームさせていただいた『金沢キッチン』さん。


オーナーの丸山様夫妻の取り組みに共感して、オープン以来こども達の味覚を育てる活動に賛同。


その後、モノづくりの講師として「はぐくみスクール」に参加しています。


ここでの活動は丸山さんご夫婦から教えていただく事や、農業についての考え方を共感される仲間が集まり、農薬やF1種について知る。


孫の代まで農薬や添加物付けの食品を与え続けないように取り組む活動を広めていらっしゃる方達と知り合い、固定種を広める事に興味を持ち始めました。


子供達には食に興味を持ってもらう事が大切

初めてのAirbnb


少しだけ旅に慣れてくると、街中のホテル滞在も物足りなくなってきます。


せっかくですから、現地のHOMEで生活してみたい。とフィンランドではAirbnbにチャレンジしてみました。


レンタカー借りて、ヘルシンキから第二都市のTampereへ。北欧らしいお家に滞在できて感激です。


現地に方から、グリーンCommunityなる仕組みを教えてもらいフィンランド人が大半は所有しているサマーハウスの視察もできました。


現地の事は現地の方に聞くのが一番です。フィンランドで過ごした時間は今でも心に残り、里山で暮らす時はHYGGE「ヒュッゲ」な時間をたっぷり感じたいと思います。

欧米での暮らし方


海外旅行へ行く機会も増え、街中でショッピングよりも田舎でファーマーズマーケットに行く方がリラックスできる事を知りました。


出張で行く海外は郊外の建築現場や、製材工場にマテリアル卸倉庫が多いので結構自然の中にある店舗が多いのです。


近くのカフェテリアでランチをするときもお庭の設えや単純な照明計画等、参考になる箇所が沢山。


そんな写真ファイルがPCにはいっぱい詰まっています。が、整理が下手なので必要な写真はいつも探してます。帰国して、見直す写真が好き

デュアルライフという考え方


今ある家から、田舎に移り住むのは勇気がいるし、既存住宅をどうするか?


仕事も忙しい最中、どうしたらゆったりと四季を感じる生活ができるかを常に考えると別荘を建てるという選択肢しかなかったのですが年に数回しか使わないのであれば所有せずにその都度素敵な旅館やホテルに泊まった方が得だなぁ。と悩む時期。


5年前に出会った本には、「デュアルライフ」=「2拠点生活」の魅力がたっぷり書いてありそんな暮らしをイメージしながらタイミングを待っていました。


アウトドアが好きで、キャンプに行ったり旅行へ行く時間を作ったりしてスケジュール管理に忙しい日々でしたが、今ある時間の中で如何にリラックスした時間を作るイバショを確保するか常に考える40代。


Hawaiiまでは行けないから、1時間圏内でゆっくりできる場所を探す。