BLOG

「おそとでくつろぐ、ということ。」

2017年05月19日  WRITER 中川 外志夫

こんにちは。 設計 中川です。

 

先日、Treeで買ったベンチをバルコニーに置いてみた

んですが、特段、意味もなくバルコニーに出る機会が

増えました。コーヒー片手に、山を見ながらぼーっと

してみたり、本を読んだりして。

気持ちに余裕が生まれるといいますか、いい時間が流れて

います。

部屋の方に目を向けると「おまえ何カッコつけ・・・w」的な

奥さんの視線が突き刺さりますが。

 

 

 

来たる6月3日(土)、4日(日)。

 

お施主様のご厚意により、小松市にて予約制の

内覧会を開催させていただきます。

ぜひぜひご予約、ご来場お待ち申しております。

 

 

FullSizeRender

 

 

 

この、なんていうか。ゆる~い感じが居心地の良さを感じさせて

くれます。いわゆるサーファーズスタイルってテイストですが

アメリカの狭小間口12フィートのショットガンハウスが元にあって、

これらのワイドタイプ版って感じですかね。

 

 

985ca0c0b2bd450323d0c2afffa6e3d462c2800fa5accc6c70dd8871f60bbba2

 

 

共通しているのは間口いっぱいに広がるカバードポーチ。

 

 

数年前に研修で行かせていただいたシアトル。

築100年オーバーの住宅団地を見学に行った際にも、

カバードポーチやアウトドアリビングを設けた家が本当に多かったです。

もうね、ついてるのが当たり前みたいになってます。

 

IMG_0694IMG_0760

IMG_0761IMG_0756

 

 

当社でもカバードポーチやアウトドアリビング

を設置して建てられる方も結構多いんですよ。

実際、気候条件が比較的悪い北陸だとしても

春から秋くらいはこういったスペースも

普通に使えますからね。

割とご要望が多いです。

 

 

IMG_5052FullSizeRender (12)

 

 

 

路地前路地入口

 

オープンタイプの自動車車庫スペース。季節のいい

時期なんかは車を前にだしておいたりできるスペースを作ったり、

奥行を長くしたりしておけば、アウトドアリビング兼用にもなり

ますよね~?

 

 

こういった、ある意味「余分な」余裕のスペースを設ける事に

よって、ライフスタイルが本当に豊かになります。

 

99a0e884186315c823deec5414f61482

 

当社の新企画商品 「Sharon」。

Outdoor Living- Home “Sharon”

アウトドアリビングが設置されているこのHOME

は、これから2棟が着工となります。

 

カバードポーチやアウトドアリビング。

こういった外部空間に家具を置いてくつろぐ考え方がもっと

広がってくれて、良さを味わってほしいものです。

 

 

 

僕のように。

 

 

ま、うちはただのマンションのバルコニーなんですがね。

 

ナカガワ

 

 

 

WRITER
中川 外志夫新築チームリーダー 設計
家は住む人の個性や暮らしを映してくれます。暮らしを間取りに取り込んで。個性を「形」に表す。それを具体的にするお手伝いをするのが僕の仕事です。もともと、特に考えもしないで踏み込んだ住宅業界。いつのまにやら長い間、この仕事をしておりますが、いまだに住宅の設計はおもしろいと感じてます。これからも、住む人の暮らしが豊かになるためのサポーターでいれればと思います。そして特に恐竜は好きでもないです。
WRITER
中川 外志夫代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。