BLOG

「なぜだかマカダミアナッツが食べたい。」

2018年02月02日  WRITER 中川 外志夫

 

 

こんにちは。設計 中川です。

 

だーれもいない事務所でさみしくブログを

 

書いておりますw

 

 

 

もうしばらくすると本格的に広告などで売り出しが

 

始まりますが、、、

 

ただいま金沢市大野にて分譲住宅3邸が同時着工しております。

 

IMG_1415

 

3棟まとめてだと作る側としてもワクワクが止まりませんね~。

 

 

 

通常、分譲住宅を建てる場合には、、、

 

単純な間取りに単純な外観。国内の部材だけで万人受けするもの。

 

とにかく安く作る。早く作り、早くさばく。これが鉄則です。

 

普通は。

 

しかし、そこでただ安く作っただけの家じゃ、、、

 

つまらないですよね?

 

 

 

 

 

ちょうど、プランをするタイミングでアメリカに研修に行かせて

 

いただいてまして、現地の住宅街を練り歩いて、どんな感じに

 

しようか色々模索した結果、今回はこの形となりました。

 

 

 

 

IMG_1435

 

 

先日、この住宅用にアメリカから洗面台や現地で使用

 

されているスイッチ類など輸入したものが入ってきており、

 

内外に渡り、現地のエッセンスを取り入れたものとなります。

 

 

IMG_6326IMG_4225

20171016070745_IMG_5813 IMG_1616IMG_1452

IMG_4222IMG_1638(1)IMG_4620

※PORTLAND HOME PHOTO

 

 

 

これらのイメージ等をもとに作られていきます。

 

ちなみに窓硝子に格子が無い家がポートランドには多いの

 

ですが、ポートランドの住宅はヴィクトリアンスタイルの家

 

が主流です。時々フォースクエアのクラフツマンもありますが。

 

この様式の時代、硝子の精度が向上して格子を入れなくても

 

大きな硝子が作れるようになり、言ってみれば技術の向上を

 

誇っている、象徴しているとも言えます。

 

したがって、今回の分譲住宅もあえて硝子に格子は入れませんでした。

 

決してけちったわけではありません。

 

 

 

 

手頃な価格で本格的なアメリカの暮らしを味わえるように。

 

こうご期待!!!!!

 

 

 

 

 

PS。

 

昨年は資格取得のため、一年間ほど勉強ばっかりしておりました。

 

勉強は嫌いなんですがね。。。

 

40代の脳みそには酷な資格でしたが、片がついたので助かりました。

 

応援してくれた人達や面倒かけた家族には感謝しております。

 

今年からはもらった資格を剥奪されないようにマジメに

 

生きたいと思います。    ナカガワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WRITER
中川 外志夫新築チームリーダー 設計
家は住む人の個性や暮らしを映してくれます。暮らしを間取りに取り込んで。個性を「形」に表す。それを具体的にするお手伝いをするのが僕の仕事です。もともと、特に考えもしないで踏み込んだ住宅業界。いつのまにやら長い間、この仕事をしておりますが、いまだに住宅の設計はおもしろいと感じてます。これからも、住む人の暮らしが豊かになるためのサポーターでいれればと思います。そして特に恐竜は好きでもないです。
WRITER
中川 外志夫代表取締役
マイホームづくり、楽しんでいらっしゃいますか? 家を建てる事は簡単ではありません。 でも、楽しみながら建てる事は可能です。たくさんのハードルを飛び越える必要はありますが、その勇気と選択方法を一緒に考えさえていただく事が私達の仕事です。 私達のコンセプト『HouseではなくHome』。それは、家は食事して寝るだけの器ではなく、五感を感じる為のフィールドです。 そこには愛するヒトが居て、愛するモノがあり、愛するコト(時間)があります。そんな暮らしが私達のご提供する暮らしに満ちてくる事を意味しています。 ご家族にとって「自分の家が一番いいよね。」と思っていただけるHOMEづくりをご相談ください。LOGHOMEから始まった建築業、海外での豊な気持ちで過ごせるライフスタイルをお手本に私の大切なSTAFF達が、お手伝いさせていただきます。